1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 平井信二先生の樹木研究TOP

平井信二先生の樹木、木材研究

ペカン属の樹木(その3)
12.カロライナ・シャグバーク・ヒッコリー
 カロライナ・シャグバーク・ヒッコリーCarya carolina-septentrionalis ENGLER et GRAEBNER(異名Hicoria carolina-septentrionalis ASHE)はヒッコリーSect.Eucarya、すなわちヒッコリー類true hickoryに属する。アメリカ東部・東南部産で、しばしば石灰岩地にも生ずる。英名はCarolina shagbark hickory、southern shellbarkという。
 シャグバーク・ヒッコリーCarya ovata K.KOCHによく似ている種類で、高さ6~9m、よい処で24mまで、直径60~90cmになる落葉小~中高木である。樹皮は淡灰色を呈し、小枝はきわめて細く、芽は小さくて黒い。葉は互生する奇数羽状複葉で、小葉は5または7、ときに3個で、皮針形などを呈 し、成時はほとんど無毛である。
 果実と核(ナット)は小さく、シャグバーク・ヒッコリーの2/3くらいに過ぎない。果実の長さは2.5~3.5cmで通常翼はなく、偽果皮(殻)は基部まで裂開する。核は著しく角ばっている。壁は薄く、仁は食べられる。
 心材は淡紅褐色を呈し、材は重硬、強靭である。  
13.レッド・ヒッコリー
 レッド・ヒッコリーCarya ovalis SARGENT(異名Carya microcarpa NUTTALL、pro parte、Hicoria ovalis SUDWORTH、Hicoria microcarpa BRITTON)はヒッコリーSect.Eucarya、すなわちヒッコリー類true hickoryに属する。カナダの五大湖付近とアメリカ東部・中部に分布する。英名をred hickory、sweet pignut、sweet pignut hickory、oval hickory、false shagbark、独名をrote Hickoryという。
 高さ30m、直径1mまでになる落葉高木である。樹皮は灰色から暗灰色で、年を経て粗くなり、大きい樹ではかなり長いプレート状の裂片になって剥がれる。小枝に初め細軟毛があるが間もなく無毛となる。
 葉は互生する奇数羽状複葉で、小葉は5または7個、倒皮針形、楕円状卵形などで長さ8~15cm、鋭尖頭、基部は楔形~円形、初め細軟毛があるが間もなく無毛となる。
 果実の形に変化が多く、ほぼ球形から楕円形で長さ2~4.5cm、僅かに翼があり、密に鱗片を布く。遅くなってほとんど基部まで裂開する。核(ナット)は僅かに扁平で、中部以上に4稜があり、通常先端は円い。壁はふつうやや薄く、仁は甘い。
 材は環孔材。心材は淡褐色を呈する。材は重硬、強靭である。道具の柄などの器具材、農機具、車両などと燃材に用いられる。果実は食用となる。  
14.ペール・ヒッコリー
 ペール・ヒッコリーCarya pallida ENGLER et GRAEBNER(異名Hicoria pallida ASHE)はヒッコリーSect.Eucarya、すなわちヒッコリー類true hickoryに属する。アメリカ東南部に分布し、英名はpale hickory、pale-leaf hickory、sand hickory、pognut hickoryなどという。
 ふつう高さ9~12m、直径30~60cmの落葉小~中高木であるが、ときに高さ34m、直径90cmに達するものがある。樹皮は暗灰色などで割れ目が入り粗い。小枝は紫褐色を呈し、芽は黄色の鱗片で被われる。
 葉は互生する奇数羽状複葉で、小葉は通常7、ときに9個で皮針形、長さ8~12cm、鋭尖頭、基部は楔形~円形である。下面は淡色で、初め細軟毛があるが、後に無毛に近くなる。
 果実は楕円形~倒卵形またはほぼ球形で長さ2~4cm、樹脂質で、偽果皮は遅くなって基部まで裂開する。核(ナット)は白色、扁平で著しく角ばり、仁は食べられる。心材は褐色を呈し器具材その他、燃材に用いられる。  
15.オザーク・ヒッコリー
 オザーク・ヒッコリーCarya texana BUCKLEY(異名Carya buckleyi DURAND、Carya arkansana SARGENT、Carya villosa C.K.SCHNEIDER、Hicoria texana LE CONTE)はヒッコリー節Sect.Eucarya、すなわちヒッコリーtrue hickoryに属する。アメリカ中南部に生ずる。英名はOzark hickory、black hickory、Texas hickory、Texan hickoryなど、独名はschwarze Hickoryという。
 高さ10~15m、直径90cmまでになる高木である。樹皮は暗色で、ほとんど黒色に近いものがあり、深い割れ目が出て粗くなる。若枝には初め銹色の細軟毛を布く。
 葉は互生する奇数羽状複葉で、小葉は5~11個であるがふつう7個、倒皮針形または皮針形で長さ8~15cm、下面と葉軸・葉柄は初め密に銹色の軟細毛を布くが、後に葉下面は無毛に近くなり、または主脉と脉腋にのみ細軟毛を残す。
 果実は倒卵形などで長さ2~4cm、偽果皮は密に樹脂質腺点があり、遅くなって基部まで裂開する。核(ナット)は広卵形~球形、多少扁平で淡褐色を呈し、ほとんど角ばることはない。仁は食べられる。材は環孔材で、心材は淡紅褐色を呈する。 平井先生の樹木木材紹介TOPに戻る
中川木材産業のビジネスPRその4   「中古足場板塗装済み3種と4種」ページはコチラです。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
中古足場板塗装品S 中古足場板塗装品M 中古足場板塗装品L 中古足場板塗装品LL 中古足場板4種塗装品S. 中古足場板4種塗装品M 中古足場板4種塗装品L 中古足場板4種塗装品LL 中古足場板ランダムセット

▲目次に戻る

創業1911年 
587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13 TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341
古物営業法に基づく表示  特定商取引法表示  ご利用ガイド 
ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係  カテゴリーサイトマップ  迷子になった場合

©1996-2021 NAKAGAWA WOOD INDUSTRY Co., Ltd All Rights Reserved.