世界の有用木材7800種の強度性質、産地、開設、レッドリスト数値、ワシントン条約などの資料

表紙
解説と慣例

学名で検索する

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
.

英語で検索する 

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
.

和名で検索する

.

このページに記載の数値の基礎データーは京都大学名誉教授の佐道健先生が日本材料学会編「木材科学・工業辞典」の付録作成のために収集されたものです。

しかし、この辞典には紙面の関係で550種しか収録されませんでした。 後年、貴重なデーターがいかにももったいないとのことで、昭和49年に大阪木材青年経営者協議会(当時会長は越井健氏・現大阪府木材組合連合会会長)が350種を追加し「世界の木材900種」としてまとめ小冊子として発行しました。 当時協議会の中で4人が担当しましたが、私はそのうちのひとりでした。

インターネットは日々進歩、進化しますが、木材の物理特性などは、検査方法が考案されてから、ほとんど変わっておらず現在でも 有効なものです。

その小冊子は同協議会でも在庫なく、現在では手に入れることは不可能となりました。

また個々の基礎データーはさまざな文献、論文、書籍で収集することができますが、ひとつにまとめたものはまだありませんでした。

そこで、この基礎データーを元に、現在の学名、名称、商業名などの 情報を加え、web用につくり変えたのがこれです。別ベージの「世界の木材905種」に、ワシントン条約、iUCNのレッドリスト、各種文献の情報を加えたものがこのページになります。日本における木材性質データーとしては最大のデーター集になると思います       制作者 中川勝弘