国木田独歩 の小説に出てくる樹木

樹種 箇所
カバ 4
カラマツ 3
サクラ 3
クリ 2
マツ 2
ナラ 2
スギ 1
カシ 1

元樹種 小説名 ページ 掲載樹種 掲載言葉
カシ 武蔵野 33 樫の梢まで昇ると
カバ 武蔵野 13 さる樺の林の中に座して
カバ 武蔵野 14 樺のほそぼそとした幹は思いがけずも白絹めく
カバ 武蔵野 14 樺の木立も
カバ 武蔵野 14 林は樺の木で
カラマツ 武蔵野 13 落葉林 かかる落葉林の美を
カラマツ 武蔵野 14 落葉林 落葉林の趣を解するに至ったのは
カラマツ 武蔵野 14 落葉林 落葉林の趣は同じ事である
クリ 武蔵野 15 多分栗が落ちたのであろう
クリ 武蔵野 15 武蔵野には栗樹もずいぶん多いから
サクラ 武蔵野 25 成程小金井は桜の名所
サクラ 武蔵野 26 桜の陰などに遊んで居る
サクラ 武蔵野 26 桜の木陰にでも坐って
スギ 武蔵野 25 杉の森や林や藪に籠もって
ナラ 武蔵野 12 則ち木は重に楢の類で冬は悉く落葉し
ナラ 武蔵野 13 楢の類の落葉林の美を余り知らなかった様である
ナラ 武蔵野 14 武蔵野の林は楢の木
マツ 武蔵野 13 林といえば重に松林のみが日本の文学美術の上に
マツ 武蔵野 14 松か何かであったら
中川木材産業のビジネスPRその3   「干支起き上がりこぼし干支」ページはコチラです。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
起き上がりこぼし/ネズミ 起き上がりこぼし/うし牛 起き上がりこぼし/トラ虎 起き上がりこぼし/ウサギ 起き上がりこぼし/タツ 起き上がりこぼし/へび 起き上がりこぼし/馬 起き上がりこぼし/羊 起き上がりこぼし/サル 起き上がりこぼし/トリ  起き上がりこぼし/犬  起き上がりこぼし/イノシシ