1059.ラカンマキ

解説
ラカンマキ(羅漢槇)  マキ科マキ属。常緑小高木。中国原産でイヌマキの変種である。名の由来は、果実のかたちが仏になりきれない羅漢に似ていることからである。高さ5-10メートルになる。葉の長さは4-8センチ長さ、長さ・幅ともにイヌマキの半分ほどで密生する。雌雄異株。5-6月頃から花は咲き始め、雄花はマツ類とよく似た形である。果実はイヌマキとよく似ており、花床が肥大して紫色になり、その先に丸い緑色の種子ができる。
写真 写真
2000.4.8撮影

中川木材産業のビジネスPRその16   土木建築用のキャンバー(楔)です。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
靴形キャンバー 42個1セット
キャンバー1
靴形キャンバー  S 50個
キャンバー1
普通キャンバー M  20個セット 
キャンバー1
普通キャンバー  L 18個セット
キャンバー1
普通キャンバー 6個 1セット
キャンバー1
刃先残し型 6個セット
キャンバー1
靴型キャンバー 6個セット
キャンバー1
車止め  2個1セットロープ付
キャンバー1
.

▲目次に戻る