1. HOME
  2. 【 ウッドデッキ発信基地オンラインSHOP TOPPRODUCTS TOP  】
  3. デッキ手すり・ステップ・金物
  4. 一体型デッキ用手すり イタウバ/アマゾンジャラ
ウッドデッキ手すり一体型

キットデッキ用手すり 一体型 ウリン

特長

1.強度がある・・・・・・・・・薄い金物でなくボルト採用で強度UP。

2.金具がなくて美しい・・・・・柱内部に格納のため

3.後付け可能・・・・・・・・・デッキ完成後、何年後でも取り付ける

4.他社デッキにも取付け可能・・人工木材にも、床板が強度のあるもの

5.メンテが簡単・・・・・・・・ボルト締め直しは女性・お子様でもOK

6.ウリンによる超高耐久性・・・ウリンの無垢材利用でノーメンテナンス

お客様の取り付け例 材質はウリン

木の性質を知り尽くした構造

木材の収縮-柱
木材の収縮は繊維の方向によつて異なります。(収縮は木材の種類によって異なります) 手すり柱に利用する木材の収縮図です。(図はわかりやすいように描いています)
従来手すり
当社手すり

上図a.のように、手すり柱をL字金具などのように取り付けるのは間違っています。設置後年数が経つと木材は収縮しますが、長さ方向①の収縮は少ないのですが、②の柱の巾(直径、板目方向)は①より最大で25倍縮みます。そうすると③のように金具と柱に隙間が出来、柱がグラついてきま。
図bの当社の手すりは柱の下部に③のようにボルトで床板から引っ張っています。そのため①のように柱の長さ方向(木材の繊維方向)に縮んでも、てすり柱の高さはほんの少し低くなりますが、収縮率が少ないため影響を受けません。また②の収縮があっても、床板との接していないため緩みがありません。長年で緩みがでた場合でも下のボルトを絞め直すだけで元通りになります。ビスを絞め直すより確実にできます。

手すり部材

ウッドデッキ手すり一体型

手すり部材 一覧

1. 柱の本数を数える
1種類です。設置箇所の本数だけ数えてください。特殊特許工法用の柱です。一般の方が加工することはほぼ不可能です。弊社工場で専用の加工機で加工しております。 
 
2. 笠置を選ぶ
3. 横板セットを数える
横板大: 20mm×105mm 3枚
横板小 25mm×30mm 3本 の組み合わせ  
4. 必要なNMSビスの数を数える
堅くて粘りのあるウリン材用の特殊ビスです。長年の経験から開発した弊社のオリジナルビスです。通常のビスではビス本体がネジ切れる、折れる、頭部が潰れるなと、うまく止めることは困難です。
笠木:柱1ヶ所に2本、ジョイント部は4本必要
横板:柱1ヶ所に9本、ジョイント部は18本必要 
ウッドデッキ比較

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ