オリジナル部材

キットデッキ用手すり 独立型

取り付け簡単

完成済みのフェンスをビスで床板に固定するだけ。
手摺は組み立てられた状態で納入されていますので、ビスを床板に打ち込むだけで取り付け完了です。

どのタイプのデッキにでも取り付けが出来ます。

キットデッキ以外のデッキにでも取り付けができます。(床板の厚みが30mm以上必要です)
付属品を変更すれば人工木材にも取り付けが可能です。

高耐久性のデザイン

デザインを工夫して、水が滞留しない構造にしていますので、従来の商品よりも耐久性がアップしました。

材種が選べます

ウリン・アマゾンジャラ・イタウバ・レッドシダーの中からお選び下さい。どの手摺も同じ構造・同じ寸法です。ご希望の材種をお選び下さい。

種類  ご注文はコチラから

品名  (カートページにリンク) 材質
キットデッキ ハード/ウリン 専用手すり ウリン
キットデッキ ハード/アマジンジャラ 専用手すり アマジンジャラ
キットデッキハード/イタウバ 専用手すり イタウバ
キットデッキ ラクーナ・コンセ 専用手すり ウエスタンレッドシダー
ウッドデッキ比較
キットデッキ用手すり

設置方法

キットデッキ用手すり設置図
キットデッキ用手すり設置図
左は独立の場合、 右は複数繋いでいる場合

木の性質を知り尽くした構造

木材の収縮は繊維の方向によつて異なります。(収縮は木材の種類によって異なります)
木材の収縮-柱 手すり柱に利用する木材の収縮図です。(図はわかりやすいように描いています)
従来手すり 手すり柱をL字金具などのように取り付けるのは間違っています。設置後年数が経つと木材は収縮しますが、長さ方向①の収縮は少ないのですが、②の柱の巾(直径、板目方向)は①より最大で25倍縮みます。そうすると③のように金具と柱に隙間が出来、柱がグラついてきま。
当社手すり 当社の手すりは柱の下部に③のように鉄板をボルトで密着させています。そのため①のように柱の長さ方向(木材の繊維方向)に縮んでも、てすり柱の高さはほんの少し低くなりますが、鉄板と柱は固定されたままです。また②の収縮があっても、床板との接していないため緩みがありません。<

注意事項

通常用途での強度を持っていますが、転落防止のための用途ではありません。
ウッドデッキ比較

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ