v5.6

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 世界の樹木TOP

1009.ハマヒサカキ

解説
ツバキ科ヒサカキ属。常緑小高木。本州では千葉以南、四国、九州から琉球列島の太 平洋側の海岸斜面等に生育する。国外では朝鮮南部、中国に見られる。海岸に生育す る植物の多くは乾燥に対する抵抗性が高く、緑地帯や道路の分離植栽などによく利用 される。ハマヒサカキも海岸に生育することから、一時大量に植栽されたことがあったが、期待されたほどの耐乾性はなかったようである。その後の研究によってハマヒサカキの生育立地は、海岸ではあっても持続的な水分供給のある場所であり、期待はずれであった理由が解明された。葉は2-4cm でくさび型であり、表側は深緑色で強い光沢があり、縁は波状の鋸歯があるが、葉の縁が裏側に反り返るため目立たず、二列に並び、水平に広がる。ヒサカキとはイメージが異なるが、果実などを見れば、近縁種であることがわかる。高さ5mくらいまで。直径も20cmほどになるが、根本から枝を出すことが多く、樹皮は灰色がかった褐色、新しい枝は褐色で時に毛が生えており、 2年目から皮目を生じる。花は10-12月に葉液に1-3個束生し、下向きにつく。白い5枚の花弁はツボ状に寄り添う。香りがあり、どちらかと言えば臭い、そして都市ガスの臭いに似ている。毎年のように、ガス漏れと間違い通報がある。テレビなどマスコミでよく取り上げられている。通報果実は経5mm、丸くて黒く熟する。花のつく枝ではほとんどすべての葉の根元にずらりとつく。ヒサカキのような宗教的な利用はなされないため、知名度はヒサカキより低い。

樹形(幼樹)
写真 
樹形
ハマヒサカキの樹形
大阪市大植物園 2013年8月11日
2013年4月14日 長居植物園
ハマヒサカキの樹形
大阪市大植物園 2013年8月11日
中川木材産業のビジネスPRその16   土木建築用のキャンバー(楔)です。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
靴形キャンバー 42個1セット
キャンバー1
靴形キャンバー  S 50個
キャンバー1
普通キャンバー M  20個セット 
キャンバー1
普通キャンバー  L 18個セット
キャンバー1
普通キャンバー 6個 1セット
キャンバー1
刃先残し型 6個セット
キャンバー1
靴型キャンバー 6個セット
キャンバー1
車止め  2個1セットロープ付
キャンバー1
.

▲目次に戻る

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ