高田宏 の小説に出てくる樹木

元樹種 合計
ブナ 48
クス 24
スギ 20
トチ 19
ヒノキ 16
マツ 11
サクラ 11
ハナミズキ 7
ケヤキ 7
イチョウ 7
ヤナギ 7
オーク 6
プラタナス 5
マロニエ 5
アカマツ 4
クリ 4
カバ 3
カラマツ 3
ナラ 3
ナナカマド 3
ヒマラヤ杉 2
キリ 2
ヤシャブシ 2
アスナロ 2
シイ 2
カエデ 2
カヤ 2
モミ 1
ミズナラ 1
マンゴー 1
ポプラ 1
レバノンスギ 1
マルバマンサク 1
ニレ 1
ヤマブドウ 1
ネズコ 1
コウヤマキ 1
クロマツ 1
グミ 1
クヌギ 1
ギョリュウ 1
カツラ 1
ゴヨウマツ 1
オリーブ 1
カシ 1
エンジュ 1
イチジク 1
イタヤ 1
アケビ 1
アカシア 1
アオギリ 1
ボダイジュ 1
ネコヤナギ 1
オオカメノキ 1
ザクロ 1
フジ 1
ハリモミ 1
ホウ 1
ニセアカシア 1
トウカエデ 1
サワラ 1
ツガ 1
タモ 1
タチバナ 1
セイヨウトチノキ 1
ツバキ 1
サルスベリ 1

元樹種 小説名 ページ 掲載樹種 掲載言葉
アオギリ 木に会う 138 アオギリ そのほかトウカエデやアオギリの並木がある
アカシア 木に会う 149 アカシア アカシアやエジプトイチジクの木で作った
アカマツ 木に会う 132 赤松 山の赤松林
アカマツ 木に会う 218 アカマツ 同じく陽樹のカラマツやアカマツも育ってくる
アカマツ 木に会う 223 アカマツ カラマツ、アカマツ、ヤシャブシなどが優先する鬼押出しと比べれば
アカマツ 木に会う 223 アカマツ ミズナラ、カエデ、サクラ、アカマツ、ゴヨウマツなどが
アケビ 木に会う 84 アケビ ヤマブドウやアケビやグミなど
アスナロ 木に会う 31 明日檜 檜、椹、高野槙、明日檜、鼠子の五木伐採は
アスナロ 木に会う 160 アスナロ 山陰では槻・アスナロ、という具合である
イタヤ 木に会う 75 イタヤ トチやイタヤカエデが多くなり
イチジク 木に会う 149 イチジク アカシアやエジプトイチジクの木で作った
イチョウ 木に会う 48 銀杏 もう一鉢は銀杏の木の苗木である
イチョウ 木に会う 58 銀杏 この銀杏の木はまた
イチョウ 木に会う 58 銀杏 平凡な銀杏に育ってゆく
イチョウ 木に会う 58 銀杏 私の家の銀杏の稚樹も
イチョウ 木に会う 58 銀杏 「さかさ銀杏」と呼ばれているのだが
イチョウ 木に会う 58 銀杏 お葉付き銀杏
イチョウ 木に会う 146 イチョウ 放射状の街路のイチョウも
エンジュ 木に会う 137 エンジュ みゆき通りがエンジュ(ニセアカシア)並木
オオカメノキ 木に会う 76 オオカメノキ マルバマンサクやオオカメノキなど
オーク 木に会う 77 オーク オークを「森の王」と呼び
オーク 木に会う 153 オーク オークの船で堅固に守られている
オーク 木に会う 153 オーク たくましいオークに恵まれる
オーク 木に会う 153 オーク 堅牢なオークでなければ
オーク 木に会う 153 オーク 「木の王」「森の王」と呼ばれるオークは
オーク 木に会う 154 オーク オーク材が不足して
オリーブ 木に会う 213 オリーブ 大洋の果を示すオリーブの枝
カエデ 木に会う 135 楓も植えられたそうだが
カエデ 木に会う 223 カエデ ミズナラ、カエデ、サクラ、アカマツ、ゴヨウマツなどが
カシ 木に会う 160 材料の典型が杉・松・樫だということも
カツラ 木に会う 124 カツラ 電話機のボックス用材のカツラ
カバ 木に会う 124 カバ 一等車カバ
カバ 木に会う 124 カバ 交換台のカバ
カバ 木に会う 149 アイヌ人は樺の皮を用いた
カヤ 木に会う 35 高城修三の「榧の木祭り」
カヤ 木に会う 152 カヤ カヤの一本造りの刳船が
カラマツ 木に会う 218 カラマツ 同じく陽樹のカラマツやアカマツも育ってくる
カラマツ 木に会う 220 カラマツ 矮小なカラマツを見て
カラマツ 木に会う 223 カラマツ カラマツ、アカマツ、ヤシャブシなどが優先する鬼押出しと比べれば
ギョリュウ 木に会う 212 檉柳(ギョリュウ) 檉柳(タマリスク)の緑の葉の繁りを
キリ 木に会う 129 空地にあった桐の木だった
キリ 木に会う 175 稀れに桐をつかう人もあるのだが
クス 木に会う 48 一鉢は楠の苗木で
クス 木に会う 55 これが大楠だと思ってしまった
クス 木に会う 56 鳥居のそばの大楠も
クス 木に会う 56 大楠が立っていた
クス 木に会う 56 大楠よりもひとまわり大きい
クス 木に会う 56 ほんとうの大楠があった
クス 木に会う 56 大楠の幹に触れ
クス 木に会う 56 社殿前の大楠も
クス 木に会う 57 河津の大楠の苗木を
クス 木に会う 57 熱海の来宮神社で見た大楠も
クス 木に会う 57 熱海の大楠も
クス 木に会う 57 大楠同様に生きてきたはずだから
クス 木に会う 57 河津の大楠と全くといっていいくらい
クス 木に会う 57 大楠の生きてきた
クス 木に会う 57 この大楠はそれ以来
クス 木に会う 57 この大楠に会うことを
クス 木に会う 75 杉や楠の巨木の前に立ったときの
クス 木に会う 150 頑丈な楠の木の
クス 木に会う 151 楠の一本造りの
クス 木に会う 151 楠の刳船は四材を使ったもので
クス 木に会う 160 東海でも楠・松
クス 木に会う 160 瀬戸内では楠・松
クス 木に会う 175 楠や桂と思われるものがあり
クス 木に会う 180 楠の大樹の話を
クヌギ 木に会う 160 北陸で松・櫟
グミ 木に会う 84 グミ ヤマブドウやアケビやグミなど
クリ 木に会う 91 栃や楢の実よりも栗や稗を
クリ 木に会う 101 栗の木を伐って
クリ 木に会う 105 すなわち栃の実、楢の実、栗
クリ 木に会う 187 とくに栗の大木があると
クロマツ 木に会う 132 黒松 海岸の黒松林
ケヤキ 木に会う 29 檜欅にまじる
ケヤキ 木に会う 137 ケヤキ 晴海通りがケヤキ並木
ケヤキ 木に会う 142 ケヤキ 大国魂神社へかけてのケヤキ並木も
ケヤキ 木に会う 142 ケヤキ 表参道のケヤキ並木の下を
ケヤキ 木に会う 142 ケヤキ 明治神宮表参道のケヤキの並木であろう
ケヤキ 木に会う 160 けやき 山陰では槻・アスナロ、という具合である
ケヤキ 木に会う 160 欅をあてていたことがわかる
コウヤマキ 木に会う 31 高野槙 檜、椹、高野槙、明日檜、鼠子の五木伐採は
ゴヨウマツ 木に会う 223 ゴヨウマツ ミズナラ、カエデ、サクラ、アカマツ、ゴヨウマツなどが
サクラ 木に会う 14 南の島の桜が
サクラ 木に会う 14 役場の傍の桜が
サクラ 木に会う 63 山桜 「山桜の歌」の一首である
サクラ 木に会う 132 岸辺の桜並木
サクラ 木に会う 135 桜と松の並木が植えてある
サクラ 木に会う 146 駅前広場の桜も
サクラ 木に会う 171 材料は桜を用い
サクラ 木に会う 172 桜の木を使ったというのは
サクラ 木に会う 172 ヤマザクラ ヤマザクラならこの器具にふさわしい堅木だろう
サクラ 木に会う 190 桜並木越しに見えていた
サクラ 木に会う 223 サクラ ミズナラ、カエデ、サクラ、アカマツ、ゴヨウマツなどが
ザクロ 木に会う 132 遠柘榴 庭にあった柘榴の木
サルスベリ 木に会う 131 サルスベリ 影のできないサルスベリの木があって
サワラ 木に会う 31 さわら 檜、椹、高野槙、明日檜、鼠子の五木伐採は
シイ 木に会う 130 椎の木 木陰をつくってくれたのは、椎の木だった
シイ 木に会う 140 椎の老樹もその一つであるが
スギ 木に会う 18 縄文すぎ 縄文杉はそれだけで
スギ 木に会う 51 縄文すぎ 縄文杉の下にいた時間を
スギ 木に会う 56 縄文すぎ 縄文杉を思った
スギ 木に会う 57 縄文すぎ 縄文杉を知り
スギ 木に会う 57 縄文すぎ 縄文杉と同じだ
スギ 木に会う 57 縄文すぎ 縄文杉を敬う
スギ 木に会う 59 杉や檜といった
スギ 木に会う 60 この山々の杉と檜の木々の間に
スギ 木に会う 60 杉の檜の人工株では
スギ 木に会う 60 杉や檜で埋めてしまった
スギ 木に会う 61 杉や檜が息絶え絶えになっている
スギ 木に会う 65 神代すぎ 神代杉は樹齢三千年と伝えられる古木だが
スギ 木に会う 75 杉や楠の巨木の前に立ったときの
スギ 木に会う 83 この木肌を松や杉というふうに
スギ 木に会う 131 神社の社殿裏にあった杉の大木だった
スギ 木に会う 160 九州で杉
スギ 木に会う 160 材料の典型が杉・松・樫だということも
スギ 木に会う 172 杉や檜のような針葉樹は軟木だから
スギ 木に会う 224 小杉 千年以下の木を小杉と呼ぶのだから
スギ 木に会う 224 尾久すぎ 千年をはるかに越える尾久杉にしてみれば
セイヨウトチノキ 木に会う 140 セイヨウトチノキ 小アジア原産のセイヨウトチノキである
タチバナ 木に会う 133 橘の街路樹が植えられていたと
タモ 木に会う 124 タモ 三等車タモ
ツガ 木に会う 222 ツガ すでにツガやヒノキが優先する森になっている
ツバキ 木に会う 52 さらそうじゅ 沙羅の林のように
トウカエデ 木に会う 138 トウカエデ そのほかトウカエデやアオギリの並木がある
トチ 木に会う 75 トチ トチの巨木が一本だけふみとどまっている
トチ 木に会う 75 トチ トチやイタヤカエデが多くなり
トチ 木に会う 76 トチ 大きい木ではトチの木がまじり
トチ 木に会う 83 トチ トチの大木があるのは
トチ 木に会う 83 トチ なかでもトチの実は
トチ 木に会う 83 トチ トチの大木をずいぶん見かけた
トチ 木に会う 83 トチ トチ餅を買った
トチ 木に会う 83 トチ 大きなトチの木は
トチ 木に会う 84 トチの実 拾ってきたトチの実は
トチ 木に会う 84 トチの実 トチの実については宇江敏勝著「山に棲むなり」と市川健夫著「ブナ帯と日本人」の記述を参考にした
トチ 木に会う 85 トチ トチ餅を買った店の奥さんが
トチ 木に会う 91 栃や楢の実よりも栗や稗を
トチ 木に会う 91 椈や栃の巨木の横たわる
トチ 木に会う 91 椈や栃の巨木の横たわる
トチ 木に会う 103 栃の木で尺三、尺五といった
トチ 木に会う 105 すなわち栃の実、楢の実、栗
トチ 木に会う 138 永井荷風は、「ふらんす物語」の末尾に、「橡の落葉」という小品集の章を設けて
トチ 木に会う 140 橡の花 梶井基次郎が、「橡の花ー或る私信ー」という
トチ 木に会う 176 栃の一枚板に
ナナカマド 木に会う 208 ナナカマド 丈の低いナナカマドの木が
ナナカマド 木に会う 215 ナナカマド ナナカマドが育ちは悪く
ナナカマド 木に会う 220 ナナカマド 痩せたナナカマドを見
ナラ 木に会う 91 栃や楢の実よりも栗や稗を
ナラ 木に会う 105 楢の実 すなわち栃の実、楢の実、栗
ナラ 木に会う 124 ナラ 二等車ナラ
ニセアカシア 木に会う 132 ニセアカシア ニセアカシアの並木もあった
ニレ 木に会う 153 ニレ材 そして内装などはニレ材、ブナ材
ネコヤナギ 木に会う 71 ねこ柳 猫柳のやわらかい穂を
ネズコ 木に会う 31 ねずこ 檜、椹、高野槙、明日檜、鼠子の五木伐採は
ハナミズキ 木に会う 86 ハナミズキ 目の前のハナミズキに
ハナミズキ 木に会う 86 ハナミズキ ハナミズキは今は裸木で
ハナミズキ 木に会う 87 ハナミズキ 白いハナミズキだけが浮き出して見え
ハナミズキ 木に会う 87 ハナミズキ 選んでもらったのが、ハナミズキだった
ハナミズキ 木に会う 87 ハナミズキ ハナミズキを眺めながら
ハナミズキ 木に会う 87 ハナミズキ ハナミズキとブナでは科からして違うのだが
ハナミズキ 木に会う 87 ハナミズキ ハナミズキはまだ三メートルを
ハリモミ 木に会う 222 ハリモミ そこに、モミ、ハリモミ
ヒノキ 木に会う 29 檜欅にまじる
ヒノキ 木に会う 31 檜、椹、高野槙、明日檜、鼠子の五木伐採は
ヒノキ 木に会う 59 杉や檜といった
ヒノキ 木に会う 60 杉や檜で埋めてしまった
ヒノキ 木に会う 60 杉の檜の人工株では
ヒノキ 木に会う 60 この山々の杉と檜の木々の間に
ヒノキ 木に会う 61 杉や檜が息絶え絶えになっている
ヒノキ 木に会う 112 檜材 大量の檜材が川をつかって
ヒノキ 木に会う 112 田上山一帯の檜であった
ヒノキ 木に会う 168 檜を主材にしたいという話だった
ヒノキ 木に会う 168 檜山地方というように
ヒノキ 木に会う 172 杉や檜のような針葉樹は軟木だから
ヒノキ 木に会う 173 檜の木から打ち出した能面と
ヒノキ 木に会う 174 能面は檜の木からつくるとはいえ
ヒノキ 木に会う 176 ヒノキ ヒノキ属には世界に六つの種がある
ヒノキ 木に会う 222 ヒノキ すでにツガやヒノキが優先する森になっている
ヒマラヤスギ 木に会う 128 ヒマラヤ杉 中庭のヒマラヤ杉が
ヒマラヤスギ 木に会う 146 ヒマラヤ杉 ヒマラヤ杉についての
フジ 木に会う 58 藤の花房のように見える
ブナ 木に会う 75 ブナ 「美人ブナ」と名づけた木に出会った
ブナ 木に会う 75 ブナ どのブナよりも大きいのが
ブナ 木に会う 75 ぶな ブナの木が多くなってくる
ブナ 木に会う 76 ブナ 低木がブナと一緒に生きている
ブナ 木に会う 76 ブナ ブナの森なのだ
ブナ 木に会う 76 ブナ 生命の中心になっているのがブナである
ブナ 木に会う 76 ブナ 木もブナだけではない
ブナ 木に会う 76 ブナ ブナは支配者ではなく保護者
ブナ 木に会う 76 ブナ この森ではブナにかぎらず
ブナ 木に会う 76 ブナ ブナの森にはたくさんの鳥が棲む
ブナ 木に会う 77 ブナ 大きなブナの幹に
ブナ 木に会う 77 ブナ ブナの森は去年も
ブナ 木に会う 77 ブナ林 白山のブナ林で確認している鳥の
ブナ 木に会う 77 ブナ ブナを「森の母」と呼んでいる
ブナ 木に会う 77 ブナの森 そういう森だ、ブナの森は
ブナ 木に会う 77 ぶな 一本のブナの木を見ても
ブナ 木に会う 78 ブナの森 ブナの森がつづいているのだが
ブナ 木に会う 78 ブナ ブナの葉が太陽光を漉して
ブナ 木に会う 78 ブナ ブナの大木のそばに
ブナ 木に会う 78 ブナの森 このブナの森をあるかせていただいたお礼に
ブナ 木に会う 79 ブナ林 安田喜憲氏が、「東西二つのブナ林の自然史と文明」という論文に
ブナ 木に会う 79 ブナ林 ブナ林の生育地の拡大によって
ブナ 木に会う 79 ブナの森 あのブナの森のやすらぎは
ブナ 木に会う 79 ぶな ブナの木の葉のあいだに
ブナ 木に会う 80 ブナ林 ブナ林の拡大は
ブナ 木に会う 81 ブナの森 ヨーロッパのブナの森は
ブナ 木に会う 81 ブナの森 今あるブナの森は
ブナ 木に会う 81 ブナ林 ブナ林が姿を消し
ブナ 木に会う 82 ブナ林 ブナ林はない
ブナ 木に会う 82 ブナ林 ブナ林のナラやクヌギで焼いた
ブナ 木に会う 82 ブナ 雪掻きに使うコシキイタという道具がブナの一枚板で
ブナ 木に会う 82 ブナ林 それにしてもブナ林は
ブナ 木に会う 82 ブナの森 ブナの森が急増する
ブナ 木に会う 82 ブナ林 一番近いブナ林でも
ブナ 木に会う 82 ブナ ブナは、雪国の木なのである
ブナ 木に会う 82 ブナ林 そういう低地ブナ林がところどころに
ブナ 木に会う 83 ぶな とりわけブナの木の
ブナ 木に会う 83 ブナの森 ブナの森は木の実の森であり
ブナ 木に会う 83 ブナ いずれにせよブナは
ブナ 木に会う 83 ブナ林 ブナ林を発展させてきたのだという
ブナ 木に会う 84 ブナの森 ブナの森の山菜は
ブナ 木に会う 84 ブナの森 ブナの森は木材を伐り
ブナ 木に会う 84 ブナ トチの実については宇江敏勝著「山に棲むなり」と市川健夫著「ブナ帯と日本人」の記述を参考にした
ブナ 木に会う 86 ブナの森 ブナの森にいた時間が
ブナ 木に会う 87 ブナ ハナミズキとブナでは科からして違うのだが
ブナ 木に会う 98 ぶな ブナの木で作ったものだろう
ブナ 木に会う 124 ブナ材 ブナ材の開発に取り組んで
ブナ 木に会う 153 ブナ材 そして内装などはニレ材、ブナ材
プラタナス 木に会う 132 プラタナス いまはプラタナス
プラタナス 木に会う 132 プラタナス 貧相なプラタナスが
プラタナス 木に会う 132 プラタナス 石垣に沿ってプラタナスの並木があった
プラタナス 木に会う 137 プラタナス 並木通りと松屋通りがプラタナス並木
プラタナス 木に会う 138 プラタナス プラタナスの木が繁っている
ホウ 木に会う 101 ほう 朴の木であるが
ボダイジュ 木に会う 64 ぼだいじゅ 大きな菩提樹がある
ポプラ 木に会う 132 ポプラ 農学部構内のポプラの木が見えていた
マツ 木に会う 81 松きらいは常緑樹への
マツ 木に会う 81 松の緑は好きになれない
マツ 木に会う 83 この木肌を松や杉というふうに
マツ 木に会う 91 松の巨木の無節の厚板が並べ
マツ 木に会う 132 まつ露 初夏のころ松露を探しに行った
マツ 木に会う 135 桜と松の並木が植えてある
マツ 木に会う 135 一本の割で松がある
マツ 木に会う 160 瀬戸内では楠・松
マツ 木に会う 160 東海でも楠・松
マツ 木に会う 160 北陸で松・櫟
マツ 木に会う 160 材料の典型が杉・松・樫だということも
マルバマンサク 木に会う 76 マルバマンサク マルバマンサクやオオカメノキなど
マロニエ 木に会う 138 マロニエ マロニエの並木が立ちならぶ
マロニエ 木に会う 140 マロニエ 東京のマロニエの並木を書いている
マロニエ 木に会う 140 マロニエ 大正末の板倉通りがマロニエの並木であったようだ
マロニエ 木に会う 140 マロニエ 「七葉樹」という名札がつけてあったというが
マロニエ 木に会う 140 マロニエ 七葉樹(マロニエ)の並木が「私」をとらえている
マンゴー 木に会う 52 マンゴー マンゴーの花の蕾が
ミズナラ 木に会う 223 ミズナラ ミズナラ、カエデ、サクラ、アカマツ、ゴヨウマツなどが
モミ 木に会う 222 モミ そこに、モミ、ハリモミ
ヤシャブシ 木に会う 218 ヤシャブシ(夜叉五倍子、学名:Alnus firma) まず入ってくるのが、ヤシャブシである
ヤシャブシ 木に会う 223 ヤシャブシ(夜叉五倍子、学名:Alnus firma) カラマツ、アカマツ、ヤシャブシなどが優先する鬼押出しと比べれば
ヤナギ 木に会う 136 柳の並木である
ヤナギ 木に会う 136 柳の並木である
ヤナギ 木に会う 136 「東京行進曲」にも「昔恋しい銀座の柳 仇な年増を誰が知ろ」
ヤナギ 木に会う 136 銀座をおとづれぬ青柳もよし
ヤナギ 木に会う 137 柳の並木は京橋に近いところで
ヤナギ 木に会う 137 柳の並木は京橋に近いところで
ヤナギ 木に会う 137 西条八十の歌謡は、「銀座の柳」と
ヤマブドウ 木に会う 84 ヤマブドウ ヤマブドウやアケビやグミなど
レバノンスギ 木に会う 149 レバノン杉 レバノン杉を供給するようになって
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )