三浦哲郎 の小説に出てくる樹木

元樹種 箇所計
サクラ 10
ヤナギ 5
リンゴ 4
ネム 3
キリ 3
プラタナス 3
スギ 2
カエデ 2
アカマツ 1
クリ 1
カキ 1
マツ 1

元樹種 小説名 ページ 掲載樹種 掲載言葉
アカマツ 驢馬 247 赤松 あたり一帯は赤松の並木の下で
カエデ 驢馬 310 楓の梢にひっかかって
カエデ 驢馬 316 楓の幹に背をへばりつけて
カキ 忍ぶ川 39 熟れ柿のように
キリ 幻燈畫集 216 桐の大枝が
キリ 幻燈畫集 229 桐の箱に入った
キリ 驢馬 249 桐の箱に持っていて
クリ 驢馬 310 栗並木のいちばん奥の一本まで
サクラ 帰郷 92 桜の切株に腰を下ろして
サクラ 驢馬 246 桜はぱっと花をちらせて、ああなるのです
サクラ 驢馬 246 葉桜 葉桜の季節であった
サクラ 驢馬 246 葉桜 あれが葉桜だ。大和魂の見本だよ
サクラ 驢馬 246 葉桜 葉桜と言うのは
サクラ 驢馬 247 葉桜 あの葉桜の美しさがわかるようになることなんです
サクラ 驢馬 250 葉桜 「葉桜」と答えた戦の印象と比較して
サクラ 驢馬 257 葉桜 一年めぐって葉桜のころ
サクラ 驢馬 308 葉桜 葉桜を理解できない
サクラ 驢馬 308 葉桜 とうてい葉桜をみることができなかったのである
スギ 忍ぶ川 38 ちいさな杉の森があり、
スギ 驢馬 247 杉の森で
ネム 幻燈畫集 222 合歓 合歓の木の下にたたずんだ
ネム 幻燈畫集 223 合歓 合歓の木の根本まで歩いた
ネム 幻燈畫集 224 合歓 合歓の木の下に
プラタナス 幻燈畫集 219 プラタナス プラタナスの大木がそびえる学校である
プラタナス 幻燈畫集 220 プラタナス プラタナスを蹴りつけるくせがついた
プラタナス 幻燈畫集 220 プラタナス プラタナスの大木の根本を蹴った
マツ 驢馬 247 松の梢と竹藪がなった
ヤナギ 幻燈畫集 225 柳の木の下にしゃがんで
ヤナギ 驢馬 260 柳の木かげから
ヤナギ 驢馬 260 水辺の柳の木かげに
ヤナギ 驢馬 276 両岸の柳並木が水の上に枝をたらしていた
ヤナギ 驢馬 277 柳の葉をぷつんとちぎると
リンゴ 恥の譜 192 林檎 林檎園がつきると
リンゴ 恥の譜 192 林檎 雨滴を宿した林檎の実が
リンゴ 恥の譜 192 林檎 道ばたの林檎園を
リンゴ 驢馬 267 林檎 林檎箱の大きさの箱がほの白くうかび出て
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )