文学と木・木製品

有島武郎 の小説に出てくる樹木(元資料)

元樹種 箇所計
スギ 19
サクラ 10
バラ 7
マツ 6
ツバキ 4
カキ 3
リンゴ 3
ウメ 2
アメリカマツ 2
シイ 2
シラカンバ 2
モモ 2
チーク 1
ニレ 1
ケヤキ 1
クヌギ 1
キリ 1
カラマツ 1
カエデ 1
ヤシ 1
イチジク 1
コウヤマキ 1

元樹種 小説名 ページ 掲載樹種 掲載言葉
バラ 或る女 48 薔薇 健康らしい薔薇色を帯びた
カキ 或る女 55 朝っぱらから柿をむいてあてがっていた
カキ 或る女 55 柿の皮 その柿の皮があかあかと
キリ 或る女 58 延びた垣添いの桐の木とが
モモ 或る女 66 葉子の口びるは暖かい桃の皮のような定子の頬の膚ざわりにあこがれた。
クヌギ 或る女 103 一角らしい櫟の林も現れた
チーク 或る女 117 チーク 堅いティークの床をかつかつと
マツ 或る女 145 オレゴン松がすくすくと
マツ 或る女 145 あの松の木が切り倒されて
マツ 或る女 159 松が自然に美しく配置されて
アメリカマツ 或る女 187 あめりかまつ 小動ぎもせずに亜米利加松の生い茂った
ヤシ 或る女 211 椰子 輪切りにした椰子の実で汚れた甲板を単調にごしごとこする音が、時というものをゆるゆるすり減らすやすりのように日がな日ねもす聞こえていた。
アメリカマツ 或る女 224 あめりかまつ 揃った亜米利加松の翠ばかりが
サクラ 或る女 242 半分がた散り尽くした桜の葉は真紅に紅葉して、軒並みに掲げられた日章旗が、風のない空気の中にあざやかにならんでいた。
サクラ 或る女 242 両側に桜並木のずっとならんだ
サクラ 或る女 252 一本の桜の木を楯に倉地をやり過ごしておいて、
スギ 或る女 257 かすかにたきこめられた沈香のにおいも、目のつんだ杉柾の天井板も、細りと磨のかかった皮付きの柱も、
コウヤマキ 或る女 262 高野槙 切り取られた高野槙が二本
モモ 或る女 266 葉子は自分の頬を、暖かい桃の膚のように生毛の生えた定子の頬にすりつけながら、それを聞いた。
バラ 或る女 292 薔薇 薔薇専門の植木屋の裏にあたる
スギ 或る女 292 杉林の為めに少し日当たりはよくないが、
スギ 或る女 296 漆よりも色濃くむらむらと立ち騒いでいるのは古い杉の木立ちだった。
スギ 或る女 296 風はまた一しきりうなりを立てて杉叢をこそいで通りぬけた。
スギ 或る女 302 山内一面の杉森からは深山のような鬼気(きき)がしんしんと吐き出されるように思えた。
スギ 或る女 304 真直な杉の幹を棒縞のような
シラカンバ 或る女 304 色さまざまな桜の落ち葉が、日向では黄に紅に、日影では樺に紫に庭をいろどっていた。
マツ 或る女 304 その先きは杉、松、その他の喬木の茂みを隔てて苔香園の手広い庭が見やられていた。
スギ 或る女 304 杉の葉越しに射しこむ朝の日の光が、雨にしっとりと潤った庭の黒土の上に、
スギ 或る女 304 杉の幹 まっすぐな杉の幹を棒縞ぼうじまのような影にして落としていた。
スギ 或る女 304 その先きは杉、松、その他の喬木の茂みを隔てて苔香園の手広い庭が見やられていた。
バラ 或る女 309 薔薇 苔香園から薔薇の香りが
スギ 或る女 309 こんな淋しい杉森の中の家にも、時々紅葉館のほうから音曲の音がくぐもるように聞こえて来たり、
シイ 或る女 309 椎の木 庭の隅にあった椎の木が移してあったりした。
スギ 或る女 316 杉森がごうごうと鳴りを立てて、枯れ葉が明るい障子に飛鳥のような影を見せながら、
バラ 或る女 317 薔薇 十二月の薔薇の花園は
ツバキ 或る女 329 椿 そうしたい誘惑を退けかねるように、紅椿のような紅いその唇に触れてみた
スギ 或る女 346 空は薄曇りに曇って西風がゴウゴウと杉森にあたって物すごい音を立て始めた。
スギ 或る女 352 この杉の森が私大好きですの。きょうは雪が積もってなおさらきれいですわ」
スギ 或る女 369 戸板の杉の赤みが鰹節の心のように半透明にまっ赤かに光っているので、
ウメ 或る女 373 それは梅の蕾がもう少しずつつふくらみかかった午後の事だったが
サクラ 或る女 381 青銅の花のそばに咲きかけの桜を置いて見るようだった。
サクラ 或る女 384 桜炭の火花が激しく飛んで二人の間にはじけた。
スギ 或る女 389 杉森 夕闇の催した杉森の下道のほうへと消えて行った。
イチジク 或る女 394 無花果 春雨の「無花果」だの
サクラ 或る女 402 一重桜 庭先きの一重桜の梢には南に向いたほうに白い花べんがどこからか飛んで来てくっついたようにちらほら見え出していた、
スギ 或る女 402 その先には赤く霜枯れた杉森がゆるやかに暮れ初(そ)めて、光を含んだ青空が静かに流れるように漂っていた。苔
サクラ 或る女 403 桜が咲いたぜ
ツバキ 或る女 414 落椿 道の上には落椿が一重桜の花とまじって無残に落ち散っていた。
ツバキ 或る女 414 落椿 重い砂土の白ばんだ道の上には落椿が一重桜の花とまじって無残に落ち散っていた。
サクラ 或る女 414 桜の梢には紅味を持った若葉がきらきらと日に輝いて、浅い影を地に落とした。
マツ 或る女 415 立ち連った小松は緑をふきかけて
サクラ 或る女 415 八重桜 八重桜はのぼせたように花でうなだれていた。
バラ 或る女 437 薔薇 隣の薔薇も咲き出すでしょう
スギ 或る女 445 葉子は杉森で囲まれたさびしい暗闇の中にただ一人取り残されていた。
スギ 或る女 452 夥しく杉森の中から小さな羽虫が集まってうるさく飛び回り、
バラ 或る女 460 薔薇 種々な色の薔薇の花が
カキ 或る女 466 熟柿 灯の下に熟柿のように
スギ 或る女 487 杉森 杉森の中のさびしい家にその足跡の印されなかったわけがあるものか。
ケヤキ 或る女 488 広場には欅や桜の木が疎らに立っていて
サクラ 或る女 488 広場には欅や桜の木が疎らに立っていて、大規模な増築のための材料が、
シイ 或る女 503 椎の樹の古葉もすっかり散り尽して、松も新しい緑にかわって、
マツ 或る女 503 松も新しい緑に代って
カエデ 小さき者へ生まれ出づる悩み 13 窓の外の楓があんなになったのを見ると心細いというのだ。なるほど入院したてには燃えるように枝を飾っていたその葉が一枚も残らず散りつくして、
バラ 小さき者へ生まれ出づる悩み 21 薔薇 薔薇の花が写真の前に置かれている
リンゴ 小さき者へ生まれ出づる悩み 27 林檎園 大きな林檎園の中に
シラカンバ 小さき者へ生まれ出づる悩み 29 白樺 草の中からたった二本ひょろひょろと生い伸びた白樺の白い樹皮を力弱く照らしていた
リンゴ 小さき者へ生まれ出づる悩み 31 林檎 林檎の枝は熟した果実でたわわになっていた
リンゴ 小さき者へ生まれ出づる悩み 31 林檎畑 私は独りで手広い林檎畑の中を歩きまわった
カラマツ 小さき者へ生まれ出づる悩み 41 落葉松 又落葉松の幹の表皮からあすこここにのぞき出している針葉の一本をも見のがさずに、愛撫し理解しようとする、
ツバキ 小さき者へ生まれ出づる悩み 48 椿 梅が咲き椿が咲くようになった
ウメ 小さき者へ生まれ出づる悩み 48 梅が咲き椿が咲くようになった
ニレ 小さき者へ生まれ出づる悩み 88 黒ずんで見える楡の切株の
中川木材産業のビジネスPRその2   DIY内装・家具に「中古足場板・古材」ページはコチラです。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
中古足場板 ベーシックS 中古足場板 ベーシックSS 中古足場板 ベーシックSSS 中古足場板 ベーシックL 中古足場板 ベーシックLL 中古足場板 ブレミアムS 中古足場板 ブレミアムSS 中古足場板ブレミアムSSS 中古足場板 ブレミアムM 中古足場板 ブレミアムL 中古足場板 ブレミアムLL 中古足場板 ヴィンテージS 中古足場板  ヴィンテージ 中古足場板  ヴィンテージSSS 中古足場板  ヴィンテージM 中古足場板  ヴィンテージL 中古足場板  ヴィンテージLL 中古足場板 巾木S 中古足場板 巾木M 中古足場板 巾木L 中古足場板ランダムセット

▲目次に戻る

創業1911年 
587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13 TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341
古物営業法に基づく表示  特定商取引法表示  ご利用ガイド 
ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係  カテゴリーサイトマップ  迷子になった場合

©1996-2021 NAKAGAWA WOOD INDUSTRY Co., Ltd All Rights Reserved.