v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

乳保神社(にゅうほじんじゃ)のイチョウ(雄株)

-

場所
徳島県板野郡上板町井ノ内  乳保神社
書籍
『日本の巨木』、『巨樹・巨木 日本全国674』、『巨樹の民俗学』、
位置
34.05.47 134.24.03 
樹木
特徴その他
乳保神社の銀杏  何本もの幹が群をなして蔓延るこの種の典型的な巨樹で見応えがある。目通り13.42m樹高22m徳島県上板町瀬部井内☆六条大橋から吉野川北岸の道を西に走ると、右下前方に見えてくる。4本の株がひとつになった、この種の老木の典型的巨樹。過去に三度の火災にあい、三分の一を類焼したと言うが、16世紀の戦 火で燃え上がった時には、自ら吹き出した水で火を消したという伝説も残っている。銀杏は巨樹になる多くの樹種の中でも、卓越 した生命力を持っているように思える。朽ちかけてはまた生える。若い株がどんどん成長して幹を太らせていく様は、まるで尽きぬ 生命の泉を思わせるもので、これが乳銀杏の信仰にも繋がったのではないか。齢800年?/4本の株が、ひとつになって枝をのばしている。樹高は22mあり、黄葉の頃には吉野川の対岸からもはっきりと確認できるという。樹のそばには字がびっしりと刻まれた碑が立っていた。樹の記念碑で、これほど美しい石碑はここだけであろう。
撮影日、撮影者
.中川勝弘
撮影機材
Nikon COOLPIX 950
交通
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ