v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

大宮神社の銀杏

-

解説
佐那河内村(サナゴウチソン)は徳島市から国道438号線を園瀬川に沿って南へ、少し山部に入ったところ。徳島市からの境界を過ぎて十数分走った国道右手にある。国道からは繁茂したイチョウがよく見える。正面から入って拝殿の右側にこのイチョウの巨木がある。樹勢もあり、りっぱなものだ。イチョウの巨樹特有の気根も見られる。中には一度先を切り取られ、そのあとまた再び生え出しているようなものもある。 目通り6.49m、樹高19m、枝張り20.5m。このイチョウのすぐ近くにはつばきの大木もあるが、これは相当痛んでいる。また同じ境内にはナギの巨木もある。
詳細画像
住所
徳島県名東郡佐那河内村高樋 大宮神社      33.59.41     134.28.24
正面入り口
看板
樹木
つばきの巨木
すぐ2-3m近くにはつばきの大木があるが、相当痛んでいる。
撮影日、撮影者
2001年11月10日 中川勝弘
撮影機材
Nikon COOLPIX 950
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ