v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

鵜の森神社のサイカチ

鵜の森神社のある場所はかって城であったようだ、現在は公園にもなつている。石段が面影をのこしている。 境内にいると右手奥に塚があり、その後ろにめざすサイカチがある。勢いのいいサイカチで、自生するサイカチ は三重県内ではほとんど見られないという。国道1号線に近くまた、四日市駅のすぐ近くに位置するのに、道路 1筋入るだけでこんなに静かだとは信じられない。この樹木を取り上げている書籍はなく、『みえの樹木百選』の バンフレットに記載があるのみだ。
記念物指定
データー
      樹種さいかち  幹周 2600cm 樹高 17m
住所
三重県四日市市鵜の森鵜の森神社     緯度 北緯  34.57.37     経度 東経 136.37.13
駅からあるいてすぐのところにこの鳥居がある 境内では特に看板もないので探しずらい。この包丁塚の後ろすぐのところにある。
解説、案内版
撮影日、撮影者
1998年 9月5日 中川勝弘撮影
9909054
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
交通
 電車 近鉄 四日市駅より南へ徒歩5分  車 
駐車場
駐車場はないが、交通量少ないのでちょっと止めるのは可能。
一般的な解説
カワラフジ、カワラフジノキ、西海子、皀莢   分類:マメ科 サイカチ属   学名:Gleditsia japonica Miq.   分布:本州(中部以南)、四国、九州、朝鮮半島、中国   開花時期:6月   樹形:半球形   樹高:10-15mぐらい。   幹や枝に鋭く長い刺があるため、庭木や街路樹にはあまり向いていない。   大きな刺は、枝が変化したもの。日当たりのよい山野や水辺付近によく自生する落葉高木。   北アメリカに自生する、アメリカサイカチには刺のない品種もある。   葉は偶数羽状複葉で互生。5-6月頃に黄緑色で2-4mmくらいの小花を多数開く。   実は大きな豆果で、垂れ下がってり、ねじれており、熟すと落下する。   刺がないものや葉が黄金色になるものなど多数の園芸品種がある。   用材としては、木理はやや精、比重 0.52の環孔材で、心材はバラ色、辺材は黄白色。   心辺材の境界はやや明瞭。年輪は明瞭。肌目は粗い。やや強く、硬く、割裂は困難。   美しい材で品も良く人気はあるが、量が少ないため、あまり活用されない。
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ