巨樹名木探訪

中山寺のモッコク ちゅうざんじのもっこく

モッコクは大樹になりにくく、日本庭園には最適の樹木である。この中山寺のように幹の周りが 3メートルを こえるものはめったにみられない。中山寺は1461年、真彗上人が建立したと伝えられている。火災があり 1546年、この地に再建したが、そのときにこのモッコクが植えられたという。本堂の裏にあり、寺の人に声をかけて 案内してもらった。巨樹関係の書籍には残念ながら紹介はないが、三重県緑化推進協会が出版した「みえの樹木   百選」ガイドマップに紹介されている。
記念物指定
なし
データー
    樹種  幹周 376cm 樹高 14m
住所
三重県四日市市南小松町 中山寺     緯度 北緯  34.55.00     経度 東経 136.31.57
境内、場内の景色
付近の景色
撮影日、撮影者
 99年 9月5日 中川勝弘撮影
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
交通
車にて四日市市内、国道一号線南小松町の信号を北上内部川へ出る手前左側にあるが、  地元の小道沿いにあり見つけるのが難しい、カーナビにて表記の緯度経度情報にて探すのが一番。
駐車場
駐車場はありません。入り口前に止めることは可能だが、寺の人に了解をとること必要
一般的な解説
 
..