v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

椋本の大ムク

 当地は以前、椋本村と言われたが、それはこの大きなムクノキがあったからだろう。  この巨樹がこの地域の人々に、さまざまな影響を与え、ここを中心として、人々の文化、  生活が営まれ、歴史を刻んできたことだろう。全国のムクノキのなかで、2番目の太さで、  国の天然記念物に指定されてある。毎年新年にはこの地区の各自治会でつくる「しめ縄」  を、一本につないで飾り付けているそうだ。  「椋本の大ムク」に伝わる伝説がいくつかあり、平安時代には征夷大将軍の坂上田村麻呂  の家来、野添大膳父子が都を追われ、伊勢路を流浪しこの地に逃れたときに,巨大な椋  の木を見つけ、その下に庵を造ってくらし住んだ。  源平の動乱時には、平家の落人花木太左衛門酉木織口が、この巨樹のそばに家を建て農業を始めた。  北畠氏の臣野呂民部之輔が織田信長の北伊勢一帯侵攻の時、滝川一益から追われ逃げて落ちたとき、  この巨樹かくれて助かった等と言い伝えられている。  明治3年の台風で枝が折れたが、その枝を材料として作った木彫の獅子頭が明治7年に椋本神社に  奉納されている。  書籍では巨樹・名木巡り北陸近畿編、巨樹を見に行く、巨樹と日本人、本朝巨木伝、日本の巨木、  日本の巨樹巨木全国674本、みえの樹木百選、巨樹探訪の旅、新日本名木100選、巨樹の民俗紀行等  に詳しく記されている。
記念物指定
昭和9年 国の天然記念物に指定
データー
  樹種  幹周 800cm 樹高 18m 樹齢 推定1000年
住所
三重県安芸郡芸濃町椋本      緯度 北緯  34.48.13     経度 東経 136.25.39
解説、案内版
WIDTH=280 HEIGHT=213>
付近の景色
付近には旧街並みがあり、落ち着いた雰囲気がある
撮影日、撮影者
1998年 9月3日 中川勝弘撮影
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
交通
記念物指定
JR津市駅から「椋本団地」行きのバスで30分、椋本下車 徒歩約5分
駐車場
りっぱな駐車場あり
一般的な解説
 ニレ科。落葉高木。本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、インドシナに分布する。散孔性。  高さ20m。直径1m。心材は黄褐色。辺材は淡黄色。肌目は荒い。比重は0.67前後。おおむね  中程度の材である。心材の耐久性は小。切削・加工はやや困難。表面仕上は中。勤性に富み  従曲性のある材。果実は甘く、ムクドリが木に群がり好んでたべる。縄文時代前期の鳥浜貝塚  などの遺跡からも、ムクノキの実が出土しているという。ムクドリばかりでなく、古代人に  とっても貴重な甘味料であった。皮肌を生かして皮付丸太として床柱、壁止めなどに用いら  れるほか、堅く丈夫なので、建築材のほか、野球のバットやてんびん棒などの器具材に用いら  れる。葉を乾燥したものは桐だんすなどの家具、象牙、角、骨などの仕上げ研磨に使われる。
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ