v5

巨樹名木探訪

今熊野神社の大樟

霊鑑寺からの帰り道に偶然通りかかったのがここだ。もうすでに午後4時ごろで撮影には 不向きだったが、立ち寄った。 今熊野神社は後白河上皇によって永歴元年(1160年)に創始された。 現在の本殿は1673年に造営された物で、熊野本宮の証誠殿と同じ造りになっている。 くすの木は後白河法王のお手植えといわれる。そこから換算すると、 樹齢800余年となるが、樹勢は旺盛である。 樹冠は東西方向23m、南北方向35mもの広がりで、京都府で2番目に大きいクスノキ。 地元では「大樟さん」と呼ばれこり神社のご神木で信仰の対象となっている。 賽銭箱があり、その横にこのくす枝と思われるものが立ててあり、 「手をふれてよくさすりご祈念下さい、株の穴に両手を差し入れて・・・・」とある。 巨樹関係の書籍では『百木巡礼』、「京の名花・名木」に取りあけられている。  オリジナル写真(撮影画像サイズのまま)
記念物指定
京都市指定天然記念物 
データー
       樹種 くす 樹高26m 幹周は6.6m  
住所
京都市東山区今熊野椥ノ森町      緯度 北緯  35.      経度 東経 135.
解説、案内版

--------------------------------

撮影日、撮影者
2000年3月25日 中川勝弘撮影
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
駐車場
駐車場なし
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ