v5.01

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

田原坂の大クス

記念物指定
昭和00年00月00日   指定
住所
熊本県鹿本郡植木町、田原坂公園(町史跡)
解説、案内版
地図
撮影日、撮影者
1998年 11月22日 中川勝弘撮影
撮影機材
CANON EOS 1000s、エプソン EP-100、
駐車場
駐車場あり
 
一般的な樹種解説
 クスノキ科。常緑高木。本州中南部、四国、九州、琉球、済州島、  台湾、中国南部、インドシナに分布する。  漢字は樟で、楠はタブノキである。各地で名前がわからないため  ナンジャモンジャといわれているものにはクスノキが多い。  高さ30mまでになる。ときに老大木で直径5mに達するものがある。  葉は互生、卵形、広卵形で長さ6-10cm。春、新葉が伸びだすと、  まもなく古い葉は全部落ちる。芽出しの若葉は淡紅色、橙黄色など  から淡緑色に変わり美しい。花と果実は目立たない。庭園樹、  街路樹として広く植えられ、樟脳採取のために植裁されたものもある。  長命で天然記念物に指定されている巨樹名木も少なくない。  巨樹リストの中でも圧倒的に多い、また独力で立っているのが多いのも  クスの特徴である。  散孔材で心材は黄褐色、紅褐色、肌目はやや粗く、木理は交走する  ことが多く、玉杢などが現れるものがある。材はやや軽軟から中庸、  耐朽性が高い。建築では内装材、また社寺建築、建具、家具、器具、  楽器、彫刻、木象嵌その他に用いられる。古代には丸木舟に多く  使われた。葉や幹、根などを蒸し、出て来る蒸気を冷やし(蒸留)、  固形にしたものです。それは、防虫剤やセルロイド、フィルムなど  の材料になり、東南アジアでは古くからつくられていたが、日本では、  以外にも歴史は浅く、江戸時代半ばからつくり始められ、明治時代  には最盛期となり、何と合成樟脳やプラスチックが出廻った戦後には  もう衰退の道をたどり始めた。しかし、セルロイドがもてはやされて  いた明治から昭和のはじめ頃には、何と世界一の生産量となったことも  あったほどで、その頃の日本の発展に樟脳、しいてはクスノキが重要な  役割を果たしたといえる。  クスノキは、成長がさかんで、さらに長命なので、古くから人の名前に  使われる事も多い。有名なのは南方熊楠である。
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ