v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

小川阿蘇神社の樟 (舟つなぎの樟)

住所
熊本県宇城市小川町小川11 小川阿蘇神社の樟
天然記念物指定
宇城市指定天然記念物(昭和50年9月16日指定)  幹周13m、樹高32m、 樹齢1300年
解説、案内
小川駅から車で10分ほどで小川阿蘇神社に着ける。 小川阿蘇神社の石段途中左側に、大樟が聳えている。階段を上がると左手に、大きな幹を二股に分け、Vの字型に大きく幹を伸ばしている。 「舟つなぎの樟」と呼ばれ、神社が創建された長久元年(1040年)頃は、ここまで海岸線が来ていたようです。 それで、少なくとも樹齢1300年を超えると推測されます。 写真の案内解説板によると 小川阿蘇神社は、長久元年(1040年)の創建と伝えられていますが、当時はこの付近は海岸で、阿蘇神社の分霊を奉じてきた船をこの樟に繋ぐと、たちまち瑞祥 が現れたところから「舟繋ぎの樟」とも呼ばれています。  慶長元年(1596)、加藤清正が熊本に築城する際、建築用材を物色していた家臣が、このクスノキに目を付けた。 慶長3年(1598)2月4日、家臣は職人など9人を伴った家臣が、伐採の儀式のため、清めの斧を入れた。 翌日卯刻(午前5時~7時)、いざ伐採しようとすると、雌雄の龍が煙を吐いてクスノキを取り囲んだため、 職人たちは肝を潰したり、腰を抜かしたりして、転げ落ち、このため伐採を免れたという。 出水地蔵水源はこの神社の左200m程度の所にあり、名水100選にも選ばれています。
撮影日、撮影者
2011年10月23 日 中川勝弘撮影
交通
関係情報
..
..
 
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ