v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

「中川の箒杉」なかがわのほうきすぎ

小田急線新松田駅から富士急バス西丹沢行きで「箒沢」下車。車では国道246号線を酒匂川の支流沿いに北上し丹沢湖に  かかる永歳橋を渡り、中川温泉を過ぎるとやがて左手に巨木が姿を現す。車で走っていると写真のように突然見えてくるの  ですぐにわかる。さすがりつぱな杉だ。樹齢は県内で最高齢と推定されている。当然、国の天然記念物で、圧倒されるほど  の高さと幹の太さがあり枝もまだまだ元気だ。  この地域は江戸時代、幕府直轄の「御料林」として杉、ヒノキ、ケヤキなどの伐採が禁じられており、緑多い地区であつた。  しかし、近年になり、杉のある斜面の杉林でが、ほとんど伐採され、今では茶畑に変わっている。そのため昭和47年の  丹沢集中豪雨の時は、土砂崩が発生した。多くの樹木が流される中で箒杉は残り、土砂崩れを防いだ。もしこの杉がなければ  被害はもつと大きくなったといわれている。箒沢の集落を救った杉である。ほうき杉の名前の由来は、この地の名前の  「宝木沢」からとったとも、また樹形が箒に似ているところからきたとも言われる。多くの書物にも紹介され、巨樹・名木巡り  関東、巨樹を見に行く、巨樹の風景、巨樹と日本人、巨樹を歩く、巨樹巨木全国674、新日本名木100選、百木巡礼、神の木と  会う等に詳しく記されている。
記念物指定
国指定天然記念物指定
データー
樹種  幹周 1200cm 樹高 45m 樹齢 推定2000年 管理者 山北町
住所
神奈川県足柄上郡山北町中川702     緯度 北緯  35.27.17     経度 東経 139.03.44
鳥居のある階段を上る
解説、案内版
全景を撮影しょうとするとかなり離れないとフレームに入りきらない。  

茶畑の中にある、まわりの景色はとても感動的だ。

杉と背景
付近の景色

周辺には集落がありそば屋さん旅館兼喫茶店などがある。

帰りのトンネルの出口にはしつかり杉のレリーフがあった。

撮影日、撮影者
98年 8月29日 中川勝弘撮影
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
一般的な解説
 スギ科。常緑針葉高木。日本特産で青森県以南の日本各地に分布する。 土質の種類を問わずによく育つので全国各地に生育しているが、一番よい 場所は、西日のあたらない谷間や北及び北東に面した山谷、山腹である。 さらに、土壌が深く、肥沃で適度の湿気を有する所を好み、乾燥地には不 向きである。スギの語源には諸説があるが、「すぐ木(真っすぐな木)」という説 が有力である。有史以来、伐採とともに盛んに植林が行われたため、もともとの 天然分布は定かではない。東北地方の太平洋側から四国・九州に分布する スギをオモテスギ、日本海側から北陸・山陰地方に分布するスギをウラスギと いって区別することがある。人工造林樹種としてのスギは、日本でヒノキの次 に多く、1988年の統計では人工造林全体の約33%である。造林の北限は札 幌あたりで、函館付近でもかなり良いスギ林ができている。特に有名な林業 地をあげると、奈良県吉野、三重県尾鷲、静岡県天竜川筋、大分県日田、鳥 取県智頭などがあり、それぞれが樹葉だや材質等に特長を持つ品種をいく つか育成している。 スギという名のごとく幹はまっすぐで枝ぶり全体でいうと 円錘状のシルエットになります。成長の衰えたものは先が円くなって卵形に 近くなります。枝下が長く、枝は一般に細めです。樹皮は、赤褐色から暗褐色 で縦に長井割れ目が入り、繊維質で細長くはがれる。木口から見ると辺材は 白色に近く中央の心材は淡紅色から暗褐色で、時には黒っぽいものもあり、 辺材と心材の区別は大変はっきりしている。 年輪幅の広い狭いやその整い方などは、それぞれの樹の成長状態によって 様々である。板目から見ると木理展型的な山型をしていて肌目はややあらい。 又、柾目から見て、細かくて細い平行線がたくさん並んだような材は、年輪が密 ということで、堅くて均一で良い材と評価され糸柾と呼んで珍重される。スギ材 特有の匂いも大きな特長の一つです。材質は、天然木であるか否かによって かなり違い、またそれぞれの成長経過によって随分左右される。比較的軽く軟 らかく、加工や乾燥も容易でかつ一程程度の強度があるというのがスギの特長 である。 又、縦(繊維方向)に加わる力に対して強く、木理がまっすぐである事や 乾燥や加工がしやすいという点で、建築用材として柱などに適用している。 さらに、赤みは水や虫にも比較的強いので外壁や雨戸にも使うことがある。
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ