v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪(海外編)

テーマメニュー | 1.はじめに | 訪ねた木 | 3.都道府県別リスト | 4.巨樹名木書籍 | 5.推薦巨樹 | 6.撮影機材 | 7.その他

チボダス植物園の異形タイサンボク

場所
Jl. Kebun Raya Cibodas, Sindangjaya, Kec. Cipanas, Kabupaten Cianjur, Jawa Barat 43253 インドネシア
解説、案内

チボダス植物園はインドネシアのジャワ島西部のチボダス地域のグデ山山麓にある植物園である。現在はインドネシア科学研究所が運営しています。海抜1300mから1425mの高地にあり、ボゴールよりは涼しいとはいえ、日差しはきつく暑いことには変わりはありませんでした。約85ヘクタールの広さで園内には小学生から高校生までの遠足らしき団体、また家族連れの人たちと、日本の植物園では考えられないほど多くの人達がいました。年間の平均気温は約20度で湿度は81%である。
さて、日本の公園なので見ることができるタイサンボク(Magnolia grandiflora)ですが、原産地はアメリカの中南部原産。日本では5~7月頃に大きな白い花が目立ちます。ミシシッピ州とルイジアナ州の州花に指定されています。チボダス植物園のものは見ただけではタイサンボクとはわからないでしょう。解説看板があるのでわかりました。解説写真の花はまさしくタイサンボクの花です。風で倒れてそのまま成長したのでしょう。

撮影日、撮影者
2017年11月1日 中川勝弘撮影 
交通
2850 Moanalua Road, Honolulu, HI 96819
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ