v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

「寸原の大ケヤキ」

-

記念物指定
兵庫県天然記念物指定
住所
兵庫県多紀郡西紀町黒田




> >

交通
道路に駐車可能。
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
撮影日、撮影者
99年4月24日 中川勝弘撮影
一般的な解説
  ニレ科。落葉広葉樹。古くはツキ(槻)とも呼ばれた。  日当りを好み、本州・四国・九州の温帯林や暖帯林で広く分布する。  樹皮は灰褐色で、若木では横しわがはいり、老木ではしばしばその一部が  うろこ状にはげおちる。ケヤキの語源「けやけき(きわだった)木」といわれる。  ほうきを逆さにしたような独特の樹形が特徴で、関東近辺では高さ30mを  超す高木も珍しくはない。武蔵野の屋敷材にもシラカシとともに植えられた  ケヤキが、大きく育っているのをよく見かける。古くから、寺社の境内や参道にも  植えられてきた。東京府中市の大国魂神社のケヤキ並木は、もとは奥州の乱を  平定した源頼義、義家が奉納したとものといわれている。心材は黄褐色、  辺材は淡黄褐色で、その境界がはっきりしている。弾力に富み、特有の美しい  木目は、建築材・家具材などで広く重用される。
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ