v5.01

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

海清寺の大クス

私の通っていた大学が神戸の東灘区にあったため、豊中の自宅から車で通う場合、ここをよく通った。 しかし残念ながら当時はこの巨樹はクスであることも、巨樹巨木というものに興味もなく、他の樹木 からくらべ大きいという概念もなかった。 日航機事故で亡くなった友人のお葬式が当寺であり、その時に始めて意識した。その友人は背の低い 私からすると大きく、参列でそばを通った時に、彼と私が並んでいる姿とこの巨樹と私が並んだ姿が 絵的に一致し、その時以来鮮明に記憶に残っている。きっと彼は現世最後の場であるここから、 次元の違う世界に旅立つわけだが、きっとこの巨樹を目印にして行きつ、戻りつするのだろう。 すると彼と私の次元は異なっても、この巨樹が二人の共通の目印になると思った。 彼とはある約束をしており、それを果たしてもらえないまま、私の前から消えてしまった。 ここを通るたびに「いつ約束を果たしてくれるのか」と語りかけている。 この地は古くから境内地であったため、巨木が多く、この大クスは海清寺開創の応永元年(1394) に植えられたと伝えられている。樹齢600年(推定)、周囲5.8メートル、樹高35メートル、 この姿は「私は寺の主だ」とでも言っているように堂々としている。 この境内および周辺には西宮市指定の保護樹木が何本がある。クスノキ、エノキ ムクノキ、クロガネモチなどがある。周辺は国道2号線や湾岸道路などへの途中路として交通量が多く よくこの環境で耐えているものだと思う。 付近は高層のマンションや事務所があり、この巨樹も上から見ることが出来る。
記念物指定
 昭和41年に県指定天然記念物
住所
    兵庫県西宮市六湛寺町
解説、案内
99年撮影
交通
JR西宮駅から直線距離で0.8キロ 阪神西宮駅から東へ駅から徒歩15分  〃     自動車10分  〃     距離1.5キロ
 駐車場あり     国道2号線から一筋南へいったところ、西宮市役所のほぼ隣
撮影日、撮影者
  98年 5月19日 中川勝弘撮影
撮影機材
    、エプソン EP-100、日立 MP-EG、
一般的な解説

 クスノキ科。常緑高木。本州中南部、四国、九州、琉球、済州島、  台湾、中国南部、インドシナに分布する。  漢字は樟で、楠はタブノキである。各地で名前がわからないため  ナンジャモンジャといわれているものにはクスノキが多い。  高さ30mまでになる。ときに老大木で直径5mに達するものがある。  葉は互生、卵形、広卵形で長さ6-10cm。春、新葉が伸びだすと、  まもなく古い葉は全部落ちる。芽出しの若葉は淡紅色、橙黄色など  から淡緑色に変わり美しい。花と果実は目立たない。庭園樹、  街路樹として広く植えられ、樟脳採取のために植裁されたものもある。  長命で天然記念物に指定されている巨樹名木も少なくない。  巨樹リストの中でも圧倒的に多い、また独力で立っているのが多いのも  クスの特徴である。  散孔材で心材は黄褐色、紅褐色、肌目はやや粗く、木理は交走する  ことが多く、玉杢などが現れるものがある。材はやや軽軟から中庸、  耐朽性が高い。建築では内装材、また社寺建築、建具、家具、器具、  楽器、彫刻、木象嵌その他に用いられる。古代には丸木舟に多く  使われた。葉や幹、根などを蒸し、出て来る蒸気を冷やし(蒸留)、  固形にしたものです。それは、防虫剤やセルロイド、フィルムなど  の材料になり、東南アジアでは古くからつくられていたが、日本では、  以外にも歴史は浅く、江戸時代半ばからつくり始められ、明治時代  には最盛期となり、何と合成樟脳やプラスチックが出廻った戦後には  もう衰退の道をたどり始めた。しかし、セルロイドがもてはやされて  いた明治から昭和のはじめ頃には、何と世界一の生産量となったことも  あったほどで、その頃の日本の発展に樟脳、しいてはクスノキが重要な  役割を果たしたといえる。  クスノキは、成長がさかんで、さらに長命なので、古くから人の名前に  使われる事も多い。有名なのは南方熊楠である。

..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ