v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

「神迎える楡」

-

記念物指定
なし
データー
樹種 ハルニレ 幹周567cm 樹高24m 樹齢 推定400年
住所
 北海道旭川市東旭川南1条6丁目8-14 旭川神社境内      緯度 北緯  43°46'00"      経度 東経 142°26'44"
解説、案内版
境内、場内の景色

社務所の玄関にはニレの大木を柱に利用している。これは境内にあつたニレが台風で倒れたものを再利用したもの。迫力がある

撮影日、撮影者
 98年 8月8日 中川勝弘撮影
撮影機材
Nokon COOLPIX 950
交通
駐車場
駐車場あり
一般的な解説
ニレ科。落葉高木。北半球の暖帯から温帯に分布する。日本ではハルニレ・アキニレ・オヒョウがある。 エルムとも呼ばれ、北海道の平地でよく育つはハルニレのことである。ハルニレは本州以南の温帯林や 亜寒帯林にも、ほかの落葉広葉樹と混生するが、本州以南に通常見られるのは、アキニレのほうである。 左右不対称の小さな葉がかわいらしいアキニレは、街路樹としてもよく植えられる。ハルニレは4月ごろ アキニレは10月ごろに開花するため、この名があるが、ともに花は目立たない。建築材・器具材としても用 いられるが、材は堅く工作が難しい。中国産やヨーロッパ産のニレ類のある種のものは、強靭で材質が すぐれ、かつて舟材として盛んに使われた。なお、アイヌの織物「アッシ」は、同じニレ属のオヒョウの 樹皮からつくられる。
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ