v5.02

  1. HOME
  2. 8.樹木
  3. 巨樹名木探訪 TOP

巨樹名木探訪

杉本の貞観すぎ すぎもとのじょうかんすぎ

 豊田市からでは、国道153号線を東へ、途中足助町すぎ、新盛の集落で新盛小学校が右手にあり、  そこから1.5キロほどで3差路、『旭』の標識に従って左方向(直進)し、県道19号線を北上する。   5kmほどで、杉本の集落に入り、商店や民家が並ぶ街道沿いを走っていると右手に大きな杉が見えてくる。   神社の入口、鳥居の左にある。  愛知県第2位の巨木で、根元がひろがつていて主幹は4m程のところで二股に分かれている。   杉のもとには立派な解説石碑があり、「遠く貞観(西暦860年代)の頃から根をはったと思われる 県下最大の杉で旭村唯一の国指定に依る天然記念物である」と記載されている。   巨樹の顔、巨樹を見に行く、巨樹・名木巡り甲信越中部、日本の巨木、巨樹巨木全国674、神の木と会う、  巨樹の民俗紀行等の書籍に紹介されている
記念物指定
昭和19年6月26日 国指定天然記念物
データー
樹種 すぎ  幹周 11.7m 樹高 45m 樹齢 推定1100年
住所
     愛知県東加茂郡旭町杉本杉本神明神社     緯度 北緯   35.12.0     経度 東経  137.1.50
解説、案内版

撮影日、撮影者
  これらの写真は株式会社山喜合板製作所の工場長 椿祥ニ氏が 99年 9月19日に撮影し送ってくださつたものです。   なを椿氏とは1971-73年の間でインドネシアで共に仕事をしていました。 
■ 交通
名古屋より名鉄豊田市駅、バスで稲武経由根羽へ  ・東名岡崎インターから車で90分
 
..

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ