v5.02

  1. HOME
  2. 文学と木
  3. 作家・小説別一覧
  4. 深小島信夫 の集計

文学と木・木製品

小島信夫 の小説に出てくる樹木(元資料)

元樹種 合計
スギ 6
マツ 5
カキ 3
カヤ 1
アンズ 1


小説名 ページ 元樹種 掲載樹種 掲載言葉
汽車の中 8 デッキ デッキ デッキの上だけでも二十人は乗っている。
汽車の中 9 デッキ デッキ そいつがデッキの中へ横なぐりに入りこんできて、
汽車の中 9 デッキ デッキ かれは片脚でデッキのいちばん端に、
汽車の中 20 佐野のからだが緊張しすぎて棒のようになっていたせいか、
汽車の中 37 洗濯板 洗濯板 佐野先生のやせた洗濯板の上半身は折れるように、
汽車の中 39 立木 立木 座席の間に立木のようにつったった脚がずり動いたてめに、
燕京大学部隊 75 木蔭 木蔭 庭の奥まった木蔭でうたたねに入ろうとしていると
燕京大学部隊 76 並木道 並木道 万寿山へ通じるたそがれの並木道をそぞろ歩きする、
燕京大学部隊 79 大木 うどの大木 うどの大木と云う言葉は当たっているなあと感心するのだ。
燕京大学部隊 83 トマトの林が茂り、
燕京大学部隊 83 羽目板 羽目板 力に任せてあちこち羽目板をはがしてきて立札をこしらえた。
燕京大学部隊 83 立札 立札 力に任せてあちこち羽目板をはがしてきて立札をこしらえた。
燕京大学部隊 88 どこからともなく板をはがしてきて、枡のついた台を作り、
燕京大学部隊 88 どこからともなく板をはがしてきて、枡のついた台を作り、
燕京大学部隊 89 箸箱から箸を出しながら、
燕京大学部隊 89 箸箱 箸箱 箸箱から箸を出しながら、
燕京大学部隊 94 木立 木立 自分一人大きな木立の下へ走り込み、
燕京大学部隊 94 温室 温室 塙農園の温室の花を
燕京大学部隊 95 松の実 松の実かて充分と栄養になるんやぜ
燕京大学部隊 95 松笠 松笠の実 構内の松の木からもぎとった松笠の実をご馳走してくれた。
燕京大学部隊 95 冬になった幸福すぎる林の中を、
燕京大学部隊 95 マツ 松の実 松の実かて充分と栄養になるんやぜ
燕京大学部隊 95 こつんこつんと肉の厚い実を叩いては皮をはがし賞美することを伝授してくれた。
燕京大学部隊 95 こつんこつんと肉の厚い実を叩いては皮をはがし賞美することを伝授してくれた。
燕京大学部隊 95 カヤ 榧の実 なるほど松の実は、榧の実のように、
燕京大学部隊 95 松の実は なるほど松の実は、榧の実のように、
燕京大学部隊 95 マツ 松の木 構内の松の木からもぎとった松笠の実をご馳走してくれた。
燕京大学部隊 95 松笠の実 構内の松の木からもぎとった松笠の実をご馳走してくれた。
燕京大学部隊 95 マツ 松の実は なるほど松の実は、榧の実のように、
燕京大学部隊 95 榧の実 なるほど松の実は、榧の実のように、
燕京大学部隊 97 ほんとうはこの林の中で阿比川はあちらの方も
燕京大学部隊 98 松の実 いつか松の実を叩いたような真鍮の把手や帽子かけが
燕京大学部隊 98 マツ 松の実 いつか松の実を叩いたような真鍮の把手や帽子かけが
小銃 107 軍靴(ぐんか)の土煙をすかしてうつる小銃の影の林の中で、
燕京大学部隊 107 マツ 松の実 チシャのような高級品やら松の実やらのおかげで
燕京大学部隊 107 松の実 チシャのような高級品やら松の実やらのおかげで
小銃 124 その林はひびきと共に動いて行く・
小銃 124 床尾板 床尾板 銃把(じゅうは)をにぎりしめ、床尾板(しょうびはん)の魚の目--
小銃 125 アンズ あんず あんずの飴のようなものでもくっついていて、
小銃 125 木肌 木肌 木肌の一部になったのかも知れない。
小銃 126 指物師 指物師 指物師の家に生まれ子供のあそびに物尺(ものさし)をもった私の眼は
小銃 128 そのうち二人は棒をかついている。
小銃 131 棒杭 棒杭 棒杭にしばりつけられた女であることを
小銃 133 床尾板 床尾板 わざと床尾板をさびつかせて見たり、
小銃 133 アンベラの床の上に放りだすのであった。
小銃 133 木製の 木製の あんなにまで私が愛した木製の部分を、
小銃 139 この無言の林のなかにいると、
小銃 139 大矢の声が銃の林の中からふいときこえた。
小銃 139 棒杭 棒杭 あおざめた女が棒杭をしょってこちらに嘆願している姿を見たからである。
小銃 141 たちまち小銃の林はたおれると弾丸をのみ下し
小銃 141 夕闇がせまってきて樹のない岩山に夕やけが気味のわるいように
小銃 142 床尾板 床尾板 眺めてみると床尾板はもとより銃身からユウテイまで、
小銃 142 床尾板 床尾板 床尾板の金具がガタガタに浮いている。
147 梯子 梯子 天国にのぼる梯子を仰ぎ見るのにも似た目まいをおぼえるのです。
155 木樵 木樵 木樵や炭焼き人夫の多いこの部隊の者と競うのが、
187 木の間もれに彼の白金色の星にキラリキラリと漂うのです。
187 クリスマス・ツリー クリスマス・ツリー 長い間わすれていたクリスマス・ツリーにかかった星やベルを思い出しました。
微笑 200 息子はそのうち右手で箸をにぎらなくなった。
微笑 201 カキ 柿の木 父は裏の柿の木へ腰紐をもって歩いていった。
微笑 203 遊動円木 遊動円木 僕は遊動円木にのせに連れて行った。
微笑 203 円木 円木 後ろにそらせて円木に近づくのをじっと見ているのだ。
微笑 204 木ぎれ 木ぎれ 僕はそれから硬直した木ぎれのような身体を、
微笑 214 松葉杖 松葉杖 そういう子の中には松葉杖をついて歩かねばならぬ子も見うけられた。
微笑 217 「右手はどうした。箸を持て」
微笑 217 箸を持つというささいなことのために、
アメリカン・スクール 232 雑木林 雑木林 とびおりて山道に沿った雑木林の中にかくれた。
アメリカン・スクール 233 彼は林の中で待っていて、
アメリカン・スクール 256 ジープが去ると仮は運動場の柵の方へハダシのまま駈けて生き、
アメリカン・スクール 256 雑木林 雑木林 山の中の雑木林とは勝手がちがつていた。
アメリカン・スクール 257 ちょっとあの林の中の復讐をしてやろうと思った。
アメリカン・スクール 260 伊佐のいるところとは離れた柵にもたれて、
アメリカン・スクール 260 美しい婦人が小走りに柵の方へ近づいてくるのを見て、
アメリカン・スクール 260 木立 木立 少しずつ動いて木立の蔭に身をかくした。
286 建築者 建築者 建築者はこの近所に住んでいるのか、
286 材木 材木 それにしても材木は家を建てるべき材料だから、
286 材木 材木 手ざわりによるともうその材木には切り込みさえしてある。
286 材木 材木 材木がうず高くつんであるのだ。
292 材木 材木 この材木みんな風呂の薪にしてもいいのよ。
292 材木 材木 思い切りよく材木を薪にすることもあり得ないことではないし、
292 思い切りよく材木を薪にすることもあり得ないことではないし、
292 薪割り 薪割り その薪割りの仕事は僕がやらせられるのではたまつたものではない。
292 鉛筆 鉛筆 時々子細らしく鉛筆をにぎっている背中を見かけたものだが、
292 この材木みんな風呂の薪にしてもいいのよ。
293 建築費 建築費 思い余ってトキ子に建築費の伺いを立てると、
294 建築 建築 トキ子が建築の運びに至らせたのだが、
297 土台 土台 今日は土台工事が終わり、そのうちに建前が行われ、
297 建前 建前 今日は土台工事が終わり、そのうちに建前が行われ、
298 建前 建前 建前の日、その日も僕は
299 骨組 骨組 つつましやかにその骨組をさらしている筈だったのだ。
299 大工 大工 大工がまちがえてトキ子がそれを知らぬ顔で
301 大工 大工 たしかに大工が高い所で仕事をはじめたのにちがいない。
301 金槌 金槌 頭の上で金槌をふりまわされては
302 棟梁 棟梁 トコ子が僕を棟梁に紹介してしまつた。
302 棟梁 棟梁 大工の棟梁にしょうかいされるとは、
302 棟梁 棟梁 キッと棟梁の顔を眺めると、
303 板をけずっている半人前職人が片目をつぶって
303 焼けあとからいつのまにか生えてきた一本だけある実のならぬ柿の木のかげにかくれて、
303 カキ 柿の木 焼けあとからいつのまにか生えてきた一本だけある実のならぬ柿の木のかげにかくれて、
303 僕は一枚の板にも、一本の釘にも、
304 棟梁 棟梁 棟梁はそれっきりトキ子の方はふりむきもせず、
304 カンナけずり カンナけずり 柿の木をはなれて近よった十五、六のカンナけずりの青年は、
304 カキ 柿の木 柿の木をはなれて近よった十五、六のカンナけずりの青年は、
304 棟梁 棟梁 トキ子がとつぜん棟梁に向かって、
309 棟梁 棟梁 棟梁ににじりよって僕の心が重くなるような
309 スギ 杉の木立 病院の貧弱な杉の木立をすかして、たしか僕の家の庭で
309 棟梁 棟梁 添うどころか棟梁たちのそばにつき添って楽しげであるのは
309 骨組 骨組 骨組の聳え立った二階屋のてっべんに何のマジナイか紙切れが
309 木立 杉の木立 病院の貧弱な杉の木立をすかして、たしか僕の家の庭で
318 スギ 杉の木を伝っておりられたりしては危ないのですがね、
318 杉の木 杉の木を伝っておりられたりしては危ないのですがね、
アメリカン・スクール 318 花の蕾のような感触で、
318 スギ 杉の木 杉の木を伝っておりられたりしては危ないのですがね、
319 建築 建築 いくら僕の好まざる建築とは云いながら、
319 棟梁 棟梁 今日は棟梁もなかなかあらわれず、大工たちもノロノロと仕事ぶりも緩慢で、
319 大工 大工 今日は棟梁もなかなかあらわれず、大工たちもノロノロと仕事ぶりも緩慢で、
320 棟梁 棟梁 棟梁を叩きのめさねば気がすすまぬ。
320 棟梁 棟梁 やがて棟梁は姿をあらわしたが、
320 棟梁 棟梁 昨夜の人影は棟梁ではないかと思った、
321 杉の木 僕の杉の木からおりるのを持っていたにちがいない。
321 スギ 杉の木 僕の杉の木からおりるのを持っていたにちがいない。
321 杉の木 二階の窓から杉の木にとびつき地上に辿りつくと
321 スギ 杉の木 二階の窓から杉の木にとびつき地上に辿りつくと
322 棟梁 棟梁 「棟梁の知人が死んだので振舞酒をのんできたのよ」
330 羽目板 羽目板 羽目板を叩くのなら分かるがドアをえらんで叩くとは
334 喬木 喬木 雑木の喬木(きょうぼく)のあいだを走り、
334 雑木 雑木 雑木の喬木(きょうぼく)のあいだを走り、
340 木立 杉木立 サッと杉木立をなびかせて
340 スギ 杉木立 サッと杉木立をなびかせて
342 棟梁 棟梁 もう棟梁の姿は闇の中にかくれてしまったが、
342 棟梁 棟梁 五郎が棟梁に向かって走るのなら、棟梁にたいする行為か悪意の
342 棟梁 棟梁 五郎は棟梁のあとを追っかけて行くことは
342 建築 建築 そうして新しい建築が終わるまで
342 建築 建築 かけ離れた建築を彼女は試みる。
342 棟梁 棟梁 たしかに棟梁の後姿だ。
342 棟梁 棟梁 五郎が棟梁に向かって走るのなら、棟梁にたいする行為か悪意の
354 薪などをつんだ小さな舟は利根川を横断して
359 林の中の径もあるし、肥溜も私を待ちうけている。
359 堰門(せきもん)の背中の幅二尺ばかりの板をわたり、
363 堤防の上を走り森のかげにかくれてしまった。
364 船大工 船大工 それを船大工と、モーター屋にやって、
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ