新田次郎 の小説に出てくる樹木

元樹種 cの合計
エゾマツ 32
ウイロー 8
シラカバ 7
ツバキ 7
白楊 7
ハンノキ 4
ウィロー 3
サクラ 3
イチョウ 2
ツツジ 2
ヤナギ 2
白柳 2
Spruce 1
ハマナス 1
コットンウッド 1
グミ 1
やまざくら 1
ワタノキ 1
チョーク・チェリー 1
元樹種 小説名 ページ 掲載樹種 掲載言葉
Spruce アラスカ物語 432 Spruce エゾマツ(Spruce)の森が圧倒的に多かったが、
イチョウ アラスカ物語 45 大公孫樹 多福院の裏山にある大公孫樹からこぼれ落ちる銀杏の実を拾いに
イチョウ アラスカ物語 45 銀杏の実 多福院の裏山にある大公孫樹からこぼれ落ちる銀杏の実を拾いに
ウィロー アラスカ物語 262 ウィロー ウィローの枝を食べていた大鹿を射とめた。
ウィロー アラスカ物語 270 ウィロー ウィローの背丈が高くなり、背の低いエゾマツが見られるようなところまで
ウィロー アラスカ物語 270 ウィロー ウィローの枝を編んで作った用具などがあり、
ウイロー アラスカ物語 245 ウイロー 背の低いウイローがところどころに
ウイロー アラスカ物語 249 ウイロー 背丈の低いウイローが唯一の植物らしい灌木だったのが
ウイロー アラスカ物語 249 ウイロー そのウイローの木の丈が高くなり、
ウイロー アラスカ物語 272 ウイローの木 ウイローの木からエゾマツ更に白樺の林、そして白柳(コットンウッド)のもりに出たところで、小さなロッジに行き当たった。
ウイロー アラスカ物語 306 ウイロー ウイローの小枝で編んで作った、
ウイロー アラスカ物語 353 ウイロー ウイローの枝でさえ、交易品の笊(ざる)といて知っているにすぎなかった。
ウイロー アラスカ物語 353 ウイローの木 ところが現実にそのウイローの木があり、
ウイロー アラスカ物語 377 ウイロー ウイローが芽を出した。
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ エゾマツの臭いに慣れてから、森の中に入って行くより仕方がなかった。
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ エゾマツの臭いは彼等の鼻孔の粘膜を刺激したばかりではなく、
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ 海岸エスキモーはエゾマツの臭いを知らなかった
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ エゾマツの脂の臭いを嗅いだのもはじめてだった。
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ エゾマツの臭いだなとフランクはすぐ気がついて、
エゾマツ アラスカ物語 249 エゾマツ ネビロはエゾマツかなぜそのような強烈な臭いを発するのか
エゾマツ アラスカ物語 250 エゾマツ エゾマツの臭いも、そう気にならなくなった。
エゾマツ アラスカ物語 250 エゾマツ エゾマツの樹林の中の小川のほとりになっと一冬の居住地が決められた。
エゾマツ アラスカ物語 250 エゾマツ エゾマツの臭いを気にしてはいなかった。
エゾマツ アラスカ物語 251 エゾマツ エゾマツの根本との間を行ったり来たりして吠えていた。
エゾマツ アラスカ物語 252 エゾマツ エゾマツの陰に人が倒れていた。
エゾマツ アラスカ物語 252 エゾマツ エゾマツの幹に背を持たせかけて一休みしているうちに
エゾマツ アラスカ物語 270 エゾマツ ウィローの背丈が高くなり、背の低いエゾマツが見られるようなところまで
エゾマツ アラスカ物語 272 エゾマツ ウイローの木からエゾマツ更に白樺の林、そして白柳(コットンウッド)のもりに出たところで、小さなロッジに行き当たった。
エゾマツ アラスカ物語 301 エゾマツ 袋に入れてエゾマツの枝の上に結びつけて、
エゾマツ アラスカ物語 303 エゾマツ エゾマツの匂いのぷんぷんする筏を湖水に浮かべると、
エゾマツ アラスカ物語 304 エゾマツ エゾマツの密林になっていて、
エゾマツ アラスカ物語 328 エゾマツ 台地にはエゾマツや白楊や白樺の森があり、
エゾマツ アラスカ物語 330 エゾマツ 背の高いエゾマツの影が平行して延びていく先に、
エゾマツ アラスカ物語 330 エゾマツ エゾマツの森が見えた。
エゾマツ アラスカ物語 344 エゾマツ エゾマツの森に入った。
エゾマツ アラスカ物語 354 エゾマツ 物珍しそうにその白い樹の肌を撫で、エゾマツのいただきに止まるミーグル(山かもめ)を見つけると、
エゾマツ アラスカ物語 354 エゾマツ エゾマツ地帯に入ると
エゾマツ アラスカ物語 366 エゾマツ エゾマツに覆われた丘は
エゾマツ アラスカ物語 366 エゾマツ 彼らはエゾマツの林に入ると、
エゾマツ アラスカ物語 366 エゾマツ エスキモーはエゾマツの臭いにはもう馴れていたが、
エゾマツ アラスカ物語 368 エゾマツ エゾマツのてっぺんを食べている
エゾマツ アラスカ物語 378 エゾマツ エゾマツの臭いがまた一層強くなった、
エゾマツ アラスカ物語 412 エゾマツ エゾマツの森を鳴らしたのは血のカーテンではなく、
エゾマツ アラスカ物語 432 エゾマツ エゾマツ(Spruce)の森が圧倒的に多かったが、
エゾマツ アラスカ物語 442 エゾマツ 第二はエゾマツのにおいであり
エゾマツ アラスカ物語 442 エゾマツ 白夜になるとエゾマツのにおいが
グミ アラスカ物語 195 茱萸の実 茱萸の実ほどになるまで
コットンウッド アラスカ物語 379 コットンウッド コットンウッドを直訳すると綿の木になる。
サクラ アラスカ物語 378 桜の花は、生け花の材料としては
サクラ アラスカ物語 378 チョーク・チェリーは桜の花に似た白い花を咲かせた。
サクラ アラスカ物語 408 桜の花も椿の花もロスアンジェルスから父が求めて来た本や
シラカバ アラスカ物語 328 白樺 台地にはエゾマツや白楊や白樺の森があり、
シラカバ アラスカ物語 330 白樺 白樺の一叢(ひとむら)があった
シラカバ アラスカ物語 354 白樺 白樺の森に入ると、
シラカバ アラスカ物語 377 白樺 ピンクグリーンの葉をつけた白樺の森が風に揺れ出すとオーロラが大地に
シラカバ アラスカ物語 377 白樺 白樺が春を歌いだした。
シラカバ アラスカ物語 432 白樺 水辺には白楊や榛や白樺の密林が見えた。
シラカバ アラスカ物語 438 白樺 白樺の森の中の大きな家で、
チョーク・チェリー アラスカ物語 378 チョーク・チェリー チョーク・チェリーは桜の花に似た白い花を咲かせた。
ツツジ アラスカ物語 45 つつじ 恭輔はつつじの花を抱いて
ツツジ アラスカ物語 45 つつじ 五月ころになると、つつじが咲いた。
ツバキ アラスカ物語 44 椿 椿の花を見て、恭輔は
ツバキ アラスカ物語 44 椿 椿の北限は大体この付近になっていた。
ツバキ アラスカ物語 44 椿 峠を越えて日溜まりに出ると椿が咲いていた。
ツバキ アラスカ物語 45 椿 裏山には春早く椿が咲いた。
ツバキ アラスカ物語 45 椿 恭輔は椿の花を見たとき、
ツバキ アラスカ物語 45 椿の木 この椿の木の茂みの中を一気にしよじ登ると阿弥陀峠があり、
ツバキ アラスカ物語 408 椿 桜の花も椿の花もロスアンジェルスから父が求めて来た本や
ハマナス アラスカ物語 438 ハマナス 彼らの足下には、ヤナギランとハマナスの花が咲いていた。
ハンノキ アラスカ物語 241 榛の木 流れの岸にはウイローと榛の木が、
ハンノキ アラスカ物語 344 榛の木 背丈ほどの榛の木の群生している藪に入った。
ハンノキ アラスカ物語 376 榛の木 それは榛の木の若芽のにおいだったり、
ハンノキ アラスカ物語 432 水辺には白楊や榛や白樺の密林が見えた。
ヤナギ アラスカ物語 241 ウイロー 流れの岸にはウイローと榛の木が、
ヤナギ アラスカ物語 274 柳の葉にそっくりな葉をつけ、
やまざくら アラスカ物語 378 山桜 山桜の花を花器にさしこんでいた
ワタノキ アラスカ物語 379 綿の木 コットンウッドを直訳すると綿の木になる。
白柳 アラスカ物語 272 白柳 ウイローの木からエゾマツ更に白樺の林、そして白柳(コットンウッド)のもりに出たところで、小さなロッジに行き当たった。
白柳 アラスカ物語 306 白柳 白楊(コットンウツド)の繁みの間から洩れた光が
白楊 アラスカ物語 328 白楊 台地にはエゾマツや白楊や白樺の森があり、
白楊 アラスカ物語 376 白楊 それは白楊(コットンウツド)の花芽のにおいたったりした。
白楊 アラスカ物語 379 白楊 柳絮(りゆうじよ)とは、白楊の種子がふっくらとした綿様のものに覆われた状態をいう。
白楊 アラスカ物語 379 白楊 白楊の森の柳絮(りゆうじよ)が風に吹かれて
白楊 アラスカ物語 379 白楊 白楊の柳絮(りゆうじよ)が舞う季節になっていた
白楊 アラスカ物語 391 白楊の木 ユーコン河のほとりの白楊の木に縛りつけた。
白楊 アラスカ物語 432 白楊 水辺には白楊や榛や白樺の密林が見えた。
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )