倉田百三 の小

SE作家で樹種-数量
SE作家で樹種-数量
元樹種 cの合計
サクラ 2
クス 2
キリ 2
マツ 1
ボダイジュ 1
イチョウ 1

説に出てくる樹木


元樹種 掲載樹種 ページ 掲載言葉
マツ 19 わしの清書が松だったのだよ。
イチョウ 公孫樹の葉 134 庫裏(くり)の裏のあの公孫樹の葉が散って、散って、いくら掃いても限(き)りがないって、
クス 楠の樹 169 あの夕陽があの楠の樹の蔭になるまで、
クス 楠の樹 171 もうお日様か楠の樹にかかりました。
キリ 桐の 173 あらいやだ。桐のがらだわ。
サクラ 桜の花 227 (縁さきに出る。重たそうに咲き満ちた桜の花を見る)ようさいたなあ。
サクラ 桜の花 229 (庭を指して)この満開の桜の花が、夜わの嵐に散らないことを誰が保証することができよう?
ボダイジュ 菩提のたね 247 けふやあすやとうちくれて、何か菩提のたねならむ。
キリ 259 この桐の念珠はわしの形見にお前にあげる。