028.シタン

解説
 マメ科。常緑高木。漢字は紫檀。英名ブラックウッド。インドからインドシナにかけて分布する。
散孔材。  高さ15m。比重1.06程度。心材は紅紫色から暗紫色、黒色、赤褐色、などの縞が連なり、外気にさらして  年月がたつと、濃くなる。辺材は灰白色。木理は少し交錯する。肌目はやや荒いが緻密。心材の耐久性  は大。
切削・加工はやや困難。表面仕上は良好。磨くと光沢が出る。 銘木としては、床柱、床廻り材、  などに使用される。古くから代表的な唐木として珍重され、家具、建築装飾材、器具、楽器などに  用いられる。
木目
写真
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )

▲目次に戻る