v5.6

読み 万葉よみ:楓(かつら) 
現代よみ:桂(かつら)
ふりがな むかつをの わかかつらの きしづえとり
 はなまつつまに なげきつるかも 
読人しらず
意味 向こう側の丘にある若い桂の木の下枝を取り払って、花の咲くのを待つ間にも、ついため息がもれてしまう
  万葉集には2首のかつらの歌が詠まれている
樹木解説 カツラはほぼ日本固有の樹種であり、その新緑の葉の美しさから公園や並木でもよく見られる。 水分の多い肥沃な土地を好むので、渓流沿い等によく生える。桂は心臓形の美しい葉をつける。
賀茂(かも)の祭りに用いたことから賀茂桂の別名もある。
楓は本来、マンサク科の楓(ふう)を、桂は肉桂(につけい)を指す文字。
関連 世界の木材 0016.カツラ
木偏百樹 16.かつら
出展 巻7-1359
中川木材産業のビジネスPRその3   「干支起き上がりこぼし干支」ページはコチラです。 画像クリックでそれぞれのカートに。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )
起き上がりこぼし/ネズミ 起き上がりこぼし/うし牛 起き上がりこぼし/トラ虎 起き上がりこぼし/ウサギ 起き上がりこぼし/タツ 起き上がりこぼし/へび 起き上がりこぼし/馬 起き上がりこぼし/羊 起き上がりこぼし/サル 起き上がりこぼし/トリ  起き上がりこぼし/犬  起き上がりこぼし/イノシシ

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ