v5.6

読み 万葉よみ:椿(つばき) 
現代よみ:藪椿(やぶつばき)
ふりがな こせやまの つらつらつばき つらつらに 
みつつしのはな こせのはるのを 
坂門人足
意味 巨勢山(こせやま)のつらつら椿。その椿を見ながらつくづくと偲(しの)ぼうよ。椿の花咲く巨勢の春野を
つらつら椿は花盛りの頃の椿が点々と連なる様とも、椿の木が並ぶ様とも解されている。
  万葉集には9首の歌が詠まれている
樹木解説 椿は春を代表する木という意の国字。海石榴(つばき)の字を当てた歌もある。
関連 世界の木材 ヤブツバキ
木偏百樹 つばき
出展 巻1-54
中川木材産業のビジネスPRその1   取り外し簡単な「フリーフェンス」、ページはコチラです。(公開2018.8.1 更新2019年11月11日 )

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ