1. HOME
  2. 【 ウッドデッキ発信基地オンラインSHOP TOPPRODUCTS TOP  】
  3. 木材

仮設用木材、杭丸太、丸太

仮設用木材とは土木工事などで、主に土砂を留めたりするために利用する板や杭の木材(木矢板)をいいます。土地造成や構築物、建物が完成すると、それらの資材は破棄されます。一時的に利用するために求められるものは、通常の木材製品と異なってきます。第一に一定期間耐える強度が必須で、第二に価格の安いもの。どのような資材でも購買する立場からすると低価格は望ましいののですが、これらの木材は数日から数か月で処分するもの、お客様に見せるものでもありません。重要度の低い資材となります、そのため予算もあまりつかない、つまり低価格のものが必要となるのです。しかし先の2つの条件が満足するものであれば、木材の見栄えや、木材特有の欠点などは関係がありません。むしろ、わけあり木材で(強度があれば)低価格ならば大変すばらしいということになります。
角材などで住宅建築用の柱などは角がきっちりついていますね。土木用の角材は角に丸みがあります。これは丸太を製材するときに、出来るだけ本数を取りり出したいため丸太の外側を含んで製材します。普通より本数が多く採れるため、価格が安くなります。バタ角(端太角)と呼ばれていますが、これは丸太のはし(端)から取り出したという由来です。
昭和の時代には足場丸太という建築時の足場に利用する丸太の需要がありました。1970年の日本最初の万国博覧会の繊維館で、建物デザインとしてそのまま利用されたました。現在は鋼管パイプが普通になりましので、足場丸太のはははほとんどありません。 造園用の丸太や杭丸太も土木や仮設に近いものがあり、ゼネコンさんだけでなく材木屋さん、造園屋さんらに商いをしております。
当社ではこれらの仮設材や杭丸太などの一部をネットで販売をしております。
普通の木製品と異なり、重く大きいので、送料・運送費用が高くなります。お引き取りになる場合は当然のことですが送料がかかりませんので、仕事の段取りや道順の関係でお引き取りを利用頂いても結構かと思います。

▲目次に戻る

創業1911年 
587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13 TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341
古物営業法に基づく表示  特定商取引法表示  ご利用ガイド 
ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係  カテゴリーサイトマップ  迷子になった場合
©2021 中川木材産業オンラインショップ  All Rights Reserved.