1. HOME
  2. 7.木材林業
  3. インドネシア TOP
  4. みかん先生のインドネシアレポート TOP

独立記念日 8月17日

今日はどこの学校でも8時ぐらいから「ムルデカ・独立」の儀式が行われている。家の前のお母さんは「まだうちの子ども寝てるわ」といいつつカメラを持ってる私を連れて小学校へ一緒に行ってくた。参加してもしなくてもいいのだろうか?いつもの子どもの数よりも少ない気がする。
「参加しなくてもいいの?」ときくと「tidak apa apa 大丈夫」と返事。(ええのかいな、ほんまに?)
 並び方もどこが1年か5年かわからない。そういえば、別に1年からきっちりならばなくても良いような気にもなる。比べるものがあるというのは違いを見つけるのに有り難いことだ。
しばらくして、長い間練習したと思われる行進とともに国旗が出てきた。真っ白な制服の女の子3人の行進。そういえば司会、歌の指揮者、旗関係のこどもはみんな白の制服です。正直、こんな田舎でオリンピックの旗を揚げるかのような重々しさにびっくり。毎年この日のために市場では山ほどの国旗が売られている。独立の旗。インドネシア56歳!道路にも赤白の国旗が並んでいる。
そして、国旗に向かって敬礼!続いて「インドネシア・ラヤ 国家」を声高々と子どもたちが歌います。このような司会を全て子どもたちで執り行っていて先生たちは前に1列に並んでいるだけ。子どもたちも練習をどれぐらいしているのか、先生に助けを求めることもなく司会が進んで行くのはただただ感心。まあ、日本の運動会の段取りよさです。(あの段取りの良さを得るのに苦労するものなあ~~)
 校長先生の話が始まると、やっぱりどこの小学校でもいっしょなのか、だらだらとなってきて後ろの子どもはポッケトからポケモンカードを交換しだす始末。話の内容はこの「日がインドネシアにとってとても大事な日だということ、みんなはいい子にならなくてはいけません。神様は見ています。」といつもイスラム教の話が出てくる。さすが90パーセントがイスラム教徒の国。そして、最後には「今日はお休みなので学校はこれだけです。」というと運動場にわ~~~と言う歓声が広がってみんな帰って行きました。 d

▲目次に戻る

創業1911年 
587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13 TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341
古物営業法に基づく表示  特定商取引法表示  ご利用ガイド 
ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係  カテゴリーサイトマップ  迷子になった場合

©1996-2021 NAKAGAWA WOOD INDUSTRY Co., Ltd All Rights Reserved.