v5.02

インドネシア関係 MENU

仕事

ロッグポンド(本船に積む前の貯木場)
キャンブ(山での伐採現場近くに設営)
皮むき作業(キャンプで丸太の皮をはぎます)
伐採現場(森の中の木材伐採現場です)
木材船(木材専用船、多くは2900トンクラス)
荷役(丸太の船積作業で非常に危険)
伐採丸太を積み込む(トラックに積込む)
ポンティのロックポンド(ラミン材)
手書き地図(色鉛筆とペンによる地図)
宿舎、シンガラン、パンリマポレム
カリマンタンサリ(ラミン材輸出会社です)
シンキルテンバー(北スマトラの木材輸出)

景色

インドネシアお気に入写真カラー編
インドネシアお気に入写真 白黒編
ベチャ カラー(庶民の足、面白い題材)
ベチャ 白黒()
中川勝弘自身(セルフシャツターで)
事務所にて(ニチメンジャカルタオフィス)
森のようす(実物の森は美しくはありません)
住宅(木造住宅がほとんど、りっぱな家も)
のりもの(車が好きな人には)
映画館(映画館は庶民のもつとも楽しみ)
空から(飛行機とジャカルタの高層ビルから)
空の景色(インドネシアの空、白黒写真)
街の景色(日本では村か町のような感じです)
ポンティアナ(赤道直下の街)
その他特別(特殊なもの)
村の景色(村を通過する時によく撮りました)
夕日(夕日がきれい)
シンキルへの途中(スマトラ、インド洋側)
お店、屋台(いろいろなお店)
街のダバコ屋さん(いたるところで商売)

インドネシアの人たち

ニチメン現地雇員
木材部のHannyさん
業者シッパー
その他の人々
知人、友人

ニチメン関係

稲垣さん| 大山さん| 太田さん
柿ノ木さん| 脇田さん| 五十川さん
松本さん| 西田さん| 奥村さん
村上さん| 品田さん| 椿さん
三尾川さん 鈴木さん 大崎さん 
原さん 岡本さん 平沢さん
ニチメンネシア会

万博後のインドネシア駐在時代

取引関係の現地業者の方々

スマトラ トリダツ タンジュンカランTRIDATU tandjung karang

インドネシア
トリダツ コハル社長の自宅にて 使用人のうちのひとり。 この家によく留めてもらつた。
インドネシア
トリダツ事務所のマネージャー サヌシ氏 経営の話をよく聞いた インドネシア
トリダツの事務所にて。時間つぶしに本を読む津田木の椿さん

スマトラ ランポン   ロックポンド logpond 

インドネシア
本船からの帰路、ロツクポンドの責任者アッチャンが自ら運転している。横は荷役責任者のバスキー インドネシア
まかないのオカマ氏と身の世話を焼いてくれるスピン。 インドネシア
税関の人と この人とよく一緒になつた。温厚な人だった。 インドネシア
インドネシア
本船達が立ち寄るパンジャンにて。港から本船へ。 インドネシア
インドネシア
本船で待機するアチャンと役人 インドネシア
> ログポンドにて柿ノ木さんがスピンを肩によせている。柿ノ木さんはいつもこういうスタイル インドネシア
> ロッグポンド事務所兼宿舎にて
インドネシア
インドネシア
本船との交渉役だったタスリム氏。よく喧嘩をした。一番したかも知れないが、信頼もしていた人。 インドネシア
本船での作業中、手前は夕食のごはん(米)。 インドネシア
この人ともよく一緒だった。はにかみやでやさしくいつもにこにこしていた。 インドネシア
バスキー この人ともよく喧嘩をしたが、仲はよかつた。

スマトラ ランポントリダツ  キャンプ D Sumatra Lumpug Camp-D

インドネシア
左端の人 ロッグポンドのログリスト作成人
左から2人目キャンブ の造材責任者の人と。このひとはいつもはキャンプにいる インドネシア
医師の先生。 私も足の親指を切断する間際までになつたことが.... インドネシア
インドネシア
キャンブ の造材責任者
インドネシア
三星丸の船長とて 前の晩はトラ狩。左から松本氏、ババイ、船長、私、ハバイの弟
インドネシア
このあとトラ狩へ
インドネシア
インドネシア
ババイ(左)と実の弟

スマトラ ランポンメランティの人々 Sumatra Lumpug Lampung Meranti

インドネシア
この人がコンセッションの内部を知り尽くしていた。しばらくの間いたが、
のちに他社に引きぬかれカリマンタンへ行った。 インドネシア
社長の甥っ子で見地責任者
インドネシア
インドネシア
ランポンメランティの幹部たち、左から3人目は椿氏
インドネシア
インドネシア
社長の自宅で子供たち。ほんとうにかわいかつた。

スマトラ シンキルバルー シンキルティンバーの人々 Sumatra Sinkil baru

インドネシア
現地ロッグポンドの責任者。このボートはほんとに怖かった。
私も一度運転したが、筏に接触しあやうく転覆しそうになった。
船外エンジンは進行方向と逆に切らねばならないため、素人には
まず運転するには無理。
インドネシア
シンキルティンバーの社員。一度だけ現地に案内してくれた。
当時メキシコオリンピックがあつた翌年で、自分がつた事を何度も
話してくれた。
インドネシア
インドネシア
シンキルティバー、シンキルバルー現地の人と。
この人がここで一番のチェンソーの使い手と聞いた。

西カリマンタン ポンティアナック>Pontianak   トルクアイルTelok Air

インドネシア
当時、住建産業の豆原氏(現院庄林業 社長)と木材の検品にきていたとき。 インドネシア
ブミラヤ事務所の人と。取引はなかったが、情報収集で立ち寄ったとき。
このあと日本に帰ってからもコンタクトがあつた。 インドネシア
カリマンタンサリの木材(ラミン)積み出し、現地エージントの人と
インドネシア
トルクアイルにある島での記念写真、真中はシンガホール本社からきた、チュー氏。このような休憩はこの時だけだ。
インドネシア
カリマンタンサリ トルクアイル事務所。立っているのは責任者のチュー。この人ともよく喧嘩をした。
インドネシア
トルクアイルの税関職員の人々

西カリマンタン ポンティアナック Kalimantan Pontianak

インドネシア
カリマンタンサリ ポンティアフック事務所のスタッフ

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ