v2.9

トップページ > 事例紹介 > 1.キットの事例 (フェンス含), キットデッキ コンセ (レッドシダー) > No. C147


キットデッキ コンセ (レッドシダー)

材質:レッドシダー

「夏休みの自由工作」みたいで楽しかった

No. C147

● 設置場所/奈良県 Nさん宅
● 組立時間/1日半

この度は、ウッドデッキ製作にいろいろとお世話になりました。ちなみにこの夏は、子供達のプールに大活躍いたしました。あっ、あと布団を干してました。7月31日・・・部品が届く。このウッドデッキの材料は、我が家の駐車場を半分占領し、ご近所の注目を浴びる。「中岡さん、何か作るんですか?」というご近所さんの質問に答えるのが、ちょっぴり楽しかったりもした。8月2日・・・キットに同梱されていたマニュアルを参考に、基礎作り。写真に写っている子供が、その後、組み立て作業を大きく遅らせることになる。)8月5日(台風前でめちゃくちゃ暑かった日)・・・私の頭の中では、この日で完成予定だった。しかし、子供が、基礎を終えた場所で、ダンプカーとショベルカーで、工事を始め、一時作業中断し、「工事」に付き合う。なんとか、子供を説得し、ウッドデッキ製作再開(1時間強中断していた)。土台の部分は、足と梁をつなぐ連結金具が付いていたので、いとも簡単に完成。そして、昼ごはん(1時間)後、子供と昼寝(1時間。)そして、作業再開するが、とても暑い、非常に暑かった。完成した土台に天板?を乗せて、リズミカルにインパクトで固定(これが、中々気持ちよかった。)事前に、天板と家からの出入り口のサッシの高さの差が、3cmになるように足をカットしていただいておりましたが、実際に組んで見ると「高さばっちり」で感動でした。天板を終えると次は、鼻隠しです。この板は、一部カットしなければならなかったので、のこぎりの登場。のこぎりで切っていると、再び登場、我が家の小悪魔君。「僕も一緒にする~。」という事で、親子の共同作業にてカットするが、倍以上の時間を要した。で、カットした鼻板をデッキサイドにインパクトで、固定。これで、ウッドデッキらしく見えてきたぞ。次にラチスの設置です。出来上がったデッキ部に赤鉛筆で、ラチスの柱部のためのマーキングをしていると、再び登場、小悪魔君。小悪魔君には、緑の色鉛筆を持たせ、早速落書き開始です。トホホ・・・。マーキングした部分を、ドリルで穴をあけ、柱を固定し本日の作業終了。8月6日(前日と同じく快晴)・・・昨日の柱に、ラチスをはめ込んでいく。そして、ラチスのフタ?を固定し完成なのだが、ウッドデッキから庭への出入り口を作りたかった為、ここからは、プチ自作です。ラチスの底に、近くのホームセンターで購入した木材をつけ、そして、スライドするようにコマをつけて、スライド式の出入り口の完成です。落下防止のための、鍵もちゃ~んとつけてますよ~。てな感じで、基礎1日、製作1日半で完成です。とにかく暑い日でしたが、なんだか「夏休みの自由工作」みたいで楽しかったです。

下記のサイトからご購入できます。 それぞれの商品ページにリンクしています。
  

  • 事例紹介はコチラ
  • Wood Deck Showroom
  • ウッドデッキ倶楽部
  • カブログ
  • お客さまの声に投稿する

お問い合わせは中川木材産業へ

お電話でのお問い合わせ

072-361-5501
072-362-3341

インターネットでのお問い合わせ