v3.00

トップページ > 事例紹介 > 1.キットの事例 (フェンス含), キットデッキ(アマゾンジャラ) > A179

KitDeck Hard    
キットデッキ(アマゾンジャラ)

材質:アマゾンジャラ

立派で頑丈なデッキができた

A179

● 設置場所/東京都 Hさん宅
● 組立時間/24時間

記録的な猛暑が続く中、7月14日~29日の間、主として土日の8日間で次男の家の新築祝いのデッキ組立作業を行いました。
初日は昼過ぎに荷物が到着。思っていた以上に重たい梱包22個を解き、板、支柱、ビス等の個数を確認するだけでクタクタになり、組立作業は翌日からのスタートになりました。
作業は、日中は大変暑いので日差しが少し弱くなる3時過ぎからスタートし6時頃には終わるようにしたので、1日3時間程度の作業です。延べ作業時間は、3時間×8日=24時間です。作業は私、長男、次男の3名で、適宜交代しながら水分補給を欠かさず、行いました。マニュアルに作業手順が図入りで書かれているので分かり易く、概ねスムーズに作業できましたが、2つ小さなトラブルがありました。一つは、インパクトドライバのパワー不足です。従来使っていたインパクトドライバがダメになり今春マキタのペン型インパクトドライバTD021を買ったのがですが、床板のビス(65㎜)の打ち込み作業途中でビスが止まる事態が発生。中川木材さんへメールで事態を連絡しアドバイスを求めたところ、即日TD021ではパワー不足との返事を戴きました。近くのコーナンでインパクトドライバをレンタルし事なきを得ました。ただ、パワーの強いインパクトドライバの場合、下手に取扱うとビスのねじ穴やビットの角を潰すことがありました。基本マキタのペン型ドライバを使用し、パワーが要る箇所のみレンタルドライバを使いました。もう一つは、板の反りです。荷物が届いて板の枚数等を確認した際、反りはなかったと思いますが、到着から10日以上炎天下に置いていたためか、長尺の笠木や横板に反っているものが出てきました。1人がビスを打ち他の2名が板を押さえるという原始的なやり方でビス打ちをしていましたが、手摺の横板は2745㎜と長尺で反りの方向も色々あり押さえるのに苦労しました。たまたま隣地で住宅建築作業をしていた職人さんが我々の苦労しているのを見て、クランプを持って来て横木を固定するのを手伝ってくださったので、ビス打ちを何とか完了することができました。親切な職人さん、大変有難うございました! 手摺柱の高さも特注の1070㎜した結果、目隠しに丁度良い高さになりました、また特注の二段ステップもキッチリ収まりました。何度もメールでやり取りをし、良いご提案を戴いき満足の行くデッキを作ることができました。大変有難うございました!床板も1枚ずつ吟味して並べれば、ずれやゆがみのない完璧なデッキになったはずと反省することは多々ありますが、息子2人と職人さんの協力で何とか及第点は貰える立派で頑丈なデッキができたと思っています。

ウッドデッキ

アマゾンジャラデッキ

ウッドデッキ

下記のサイトからご購入できます。 それぞれの商品ページにリンクしています。
    

  • 事例紹介はコチラ
  • Wood Deck Showroom
  • ウッドデッキ倶楽部
  • カブログ
  • お客さまの声に投稿する

お問い合わせは中川木材産業へ

お電話でのお問い合わせ

072-361-5501
072-362-3341

インターネットでのお問い合わせ