v5.3

【7】いいぎり

いいぎりと南天の実のくれなゐを 幼な子のごとめでにけるかも
(新村 出)
落葉高木。雌雄異株。
本州中南部、中国、九州、台湾、朝鮮半島、中国中部に成育する。
高さ20m、直径1mにもなる。樹皮は灰白色 でよく目立つ。太い枝を数本、やや水平に輪生状に出す。小枝は太いが折れ易い。
五月頃に若葉の先に穂状の花序をつけて吊れ下り、花弁を欠く。芳香を出す花を開く。
秋になり葉がすっかり落ちたあと永く樹上にとどまり、赤く美しい1cmくらいの実がたくさん垂れ、異国情緒をかもしだす。庭木としても植えられる。
遠くからみれば 南天に似た赤い実をたくさんつけるので「ナンテンギリ」 という所もある。
実は南天よりも大きい。
材は軽く下駄や小細工用、箱等に使われる。
“イイギリ”とは、昔この大きな葉で食物を包んだので飯桐という名が出たとか、椅桐で椅の音読を長くしたものともいわれている。
木の情報発信基地を提供する中川木材産業の施工関係の仕事です。製造はすべて日本製です。詳しくはクリックで。
ウッドデッキ施工 ウッドデッキ施工 カーポートデッキ施工 目隠しフェンス施工樹名板

▲目次に戻る

  創業1911年 中川木材産業株式会社

〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通1-11-13  TEL:072-361-5501 FAX:072-362-3341

古物営業法に基づく表示  ご質問・問い合わせ  著作権・サイト関係

特定商取引法表示  ご利用ガイド  カテゴリーサイトマップ