v2.9

よくある質問

ウッドデッキの耐久性は、何年もつの?

一番多い質問で、よく聞かれます。 しかし、一概に「5年は大丈夫です」とか「10年持ちます」とは言えないのが現状です。 仮に「○○年もちます。」言われる方がいるとすれば、それは何かがおかしいと・・・。 天然素材を利用しているかぎり、そんなことは決して言えないことなのです。 木材は人間と同じ生物で、一枚一枚性質が異なります。同じ樹種でも芯に近いものと、外に 近いものでは、まったく性質が異なる場合もありますし、土壌によって変わる場合もあります。 また、設置場所により環境がまったく異なります。雨がふってもすぐに乾燥するところもあるで しょうし、ぜんぜん陽があたらず、絶えず湿気のある場所もあります。例えば人の寿命もいろ いろで、人間がみんな78歳で寿命なるということはありえないでしょう。 また、杉、桧、クリ等の昔から日本で利用されている木材ですと屋外でどの程度耐久性があると わかっても、現在日本で発売されているデッキ用材はここ1年-7年前ぐらいから利用され始め たものばかりです。海外で何年耐久実績があるといっても、日本では気候条件が変わりますので、 予想でしかないありません。 また、腐れに対し10年保証とあっても、腐った部材を提供するだけという業者さんもおります。 耐久の問題では、腐れ以外の要因があり、腐れ進行する前に、ワレ、そり、虫等でいたんでくる 場合もあります。住宅用ウッドデッキの場合、現実的には5年から10年が目安と思われます。 しかし、半年から1年後ごとの防腐剤を含んだものでの塗装などの塗り替えをしたり、 自然喚起が出来る環境ですと上記目安の1.5-2倍くらいの耐久性があると思われます。

お問い合わせ・見積もり・仮ご注文はこちら
  • 事例紹介はコチラ
  • Wood Deck Showroom
  • ウッドデッキ倶楽部
  • カブログ
  • お客さまの声に投稿する

お問い合わせは中川木材産業へ

お電話でのお問い合わせ

072-361-5501
072-362-3341

インターネットでのお問い合わせ