v1.6



このページは雑誌「夢の丸太小屋に暮らす」
に掲載されている記事の追加情報です。

テキスト版スギはコチラ
テキスト版ヒノキはコチラ
テキスト版マツはコチラ
テキスト版ヒバはコチラ
テキスト版米松はコチラ
テキスト版スプルース、レッドシダはコチラ






すぎ  
英名Japanese Cedar 学名 Cryptomeria japonica (L. fil.) D. Don
杉、椙 常緑高木。スギの語源にはいくつかあるが、幹がますすぐに直立していることから「すぐ木(真っすぐな木)」という説が有力である。名のごとく幹はまっすぐで円錘状のシルエットになるが、成長の衰えたものは先が円くなって卵形に近くなる。学名をクリプトメリア ヤポニカと名付けられていることから、日本の特産の木というのがわかる。クリプトメリアには隠されたもの、または隠れた財産という意味があるが、これは球果が葉で覆われていることから名付けられたものである。スギには杉の字をあてるが、中国で杉木というと、スギ属とは別のコクヨウザンのことである。
日本で最も背が高く、樹齢も千年を超えるものあり、長寿の木。しかし、公害には弱いようで、都市部には残念ながら見るべき大きなき木はあまりない。

木州、四国、九州にと、昔からスギが群生していたようで、弥生時代には既に生活に必要な資材であったようだ。「静岡県の登呂遺跡」から、住居、下駄、農具、土木資材などの木材が発見されている。住居や高床倉庫の柱や板はスギで、木組は縄で縛る方法で作られていた。また、約8haの水田の畦や水路には何万枚ものスギ矢板で土留めされていた。
平城宮の献納品の荷札に当たる木簡もスギが多用されていることからも、全国に広くスギがあったことがわかる。
昔から盛んに各地でその地方に合うスギを開発し植林が行われてきた。そのため品種も多い。北海道南部以南の日本全土でされたようで、各地にスギの林が見られ、そのうちでも吉野・北山・日田・天竜・飫肥(おび)・智頭(ちず)・尾鷲・魚梁瀬(やなせ)どの各地方はスギの産地として有名。
我が国に「国の木」というのはないが、杉を日本の国木にしょうという話が時々起こる。日本を代表する木はすぎ、ひのき、さくら、けやき、クスなどいろいろあるが、すぎが一番ふさわしいと思う。量的に多いことと、木の性質性能がよいこと、そのためあらゆる用途に利用されてきた。西欧の「石の文化」に対して、「木の文化」といわれる日本の文化を支えてきた有用樹種であるからである。

日本森林面積は2515万ha、その中で1040万haが人工林、その中の58%が杉で、杉と桧で約8割を占めている。
杉は国の特別天然記念物に、日光杉並木街道(栃木県日光市、今市市)、杉の大スギ、杉の大杉(高知県・大豊町)、石徹白のスギ(岐阜県・白鳥町)、羽黒山の杉並木(山形県・羽黒町)、屋久島スギ原始林などがあり、これらを含め国の天然記念物49箇所もある
秋田県二ツ井町の「きみまち杉」や、福島県岩代町の「杉沢の大スギ」などのように 「うちが日本一高い木」と主張している木が何箇所かある。しかし第4回(昭和63年度)環境庁の調査によると70メートル以上のものが7本あり、そのうち6本までがスギで、兵庫県 八鹿町の妙見名草神社の杉が高さ72m、幹周囲11,40mにデーター上は日本一になる。
また最新の2000年の同度調査では全国での巨樹といわれる樹木は64,479本あり、550種の木であつた。そのうちスギは14869本あり2位のケヤキの8538本を引き離している。
ここでも日本の木ということになる。
人工林の樹種別蓄積
天然林の樹種別蓄積


スギは産地によつて性質がことなる。雨の多いところでは、湿気に強い、寒いところで育った木は寒さに耐える、長い年月の中で進化していった。その性質の違いは土にある。
だから宮大工の口伝で、「木の癖を知れ、それにはまず根を見よ、根を見る前に土を見よ」といわれている。
木材は辺材は白色、心材は淡紅褐色から茶黒。心材と辺材の色の差が大きいので他の木材との区別がすぐにつく。スギの材質は、各産地における造林方法が違うため、一致していないが共通点として木理通直、肌目は粗く、特有の芳香をもっていて、樽酒の木の香り、和菓子の箱などがそれである。 スギの気乾比重は0.30〜0.38、平均0.45で、日本産の針葉樹としてはやや軽軟といえる。心材の耐久性、保存性はやや高いが、辺材は低いので、この部分はエクステリアには使えない。 加工は普通だか、家具、クラフトにはやや荒く感ずる。乾燥は比較的容易。
利用用途は他の木に比べると格段に多い。心材に含まれる精油は、木香(キガ)といい、日本酒に加える。
そのため日本酒には酒樽が欠かせす、それで植林が始ったといわれる。


現在の用途としては建築材が一番多く、母屋、柱、大曳、敷居、鴨居、根太、下見板、床板、壁板、天井板、磨丸太、野地板などの用途に使う。その他家具、器具、包装、樽、下駄、割箸、彫刻、経木、楽器、土木用材、電柱、ウッドデッキ、造船、樹皮は屋根葺、枝葉は線香や仏前に用いる抹香に。樹脂は薬用にも利用する。
樽や桶は同じようだが木の利用の仕方が異なり、木の性質をうまく利用している。酒・醤油の樽は赤身の板目だけを使い、お櫃(ひつ)や桶などは柾目を使う。これは板目が水を遠さないのに対し、柾目は適度に水分を吸わせて外に出させるからである。鮨桶(すしおけ)やお櫃(ひつ)ではごはんの水分を適度に吸い取ることによって、底のほうまでごはんがしゃっきりとして、べとつかない。
私たちの会社ではつい最近まで年末にお得意先の建築会社に薦(こも)かぶりの樽酒を持ってまわっていたが、酒の発注には日時を気遣っていた。私の従姉妹が嫁いだ先が奈良の造り酒屋であったので、得意先会社の新年行事の日から逆算して1週間前に樽に酒を詰めて会社に到着するように酒屋に注文をだしていた。これは樽に酒を詰めてから1週間ぐらいが一番美味しいのである。早すぎると樽の杉の香りがあまり浸み込まなくて、、長くおくと浸み込みすぎ、まずくなるからだ。
酒樽は木の性質をよく利用し工夫がされている。つまり、育った土地によって異なる杉の性質を利用している。樽の胴体部分は吉野杉が最適で香りも高い。しかし吉野杉ばかりだと、香りが強すぎて1週間ももたない。そのため蓋と底は香りの薄い九州地区の杉を使って、香りの期限を延ばしている。


香りと言えば、ウィスキーにスギを使ったり例もある。サントリーが発売しているウイスキー「座」は、熟成させる樽の鏡(蓋の部分)に杉を使った杉樽原酒をブレンドしている。そのため杉の香りがほのかにあり、日本料理との相性がいいようだ。すっきりした後口を生み出している。この世界でも初めての試みに対し、日本生理人類学会の認定する「PAデザイン賞」を受賞している。
日本人は縄文時代から甕(かめ)で酒を醸してきたが、13世紀に中国から入ってきた樽や桶の技術は、日本にあるスギの性能と合い絡み、日本独特商品となり産業界や風俗習慣に大きな革命をもたらした。江戸時代にはその成果が十分に発揮され、他の国々よりはるかに清潔でエコロジカルな国であったのだろうと思う。単なる酒、醤の輸送ということでなく、「人は生まれて風呂桶で産湯を使い、死んで棺桶に入る」と言われるように、あらゆるものの保存、輸送に利用された。





昔は味噌、醤油の醸造会社にも、それぞれの専属の樽屋がいた。昭和30年代までは安定した商売だっが、昭和30年代後半に業界は一変した。わが国最大の醤油メーカー、キッコーマンが樽を廃止し、ポリ容器に切り換えた。そして全国の味噌醤油業界がこれにならったため、大半の樽屋が仕事を失って廃業した。今では昔からの製法で木の樽を利用している会社は非常に少ない。

老舗の造り酒屋では、杉玉(酒林(さかばやし)ともいう)を店先につるす風習がある。元々は新酒ができたと愛飲家に知らせるための合図が、次第に酒屋の看板として常時吊されることになった。
この酒林の本家製造元と言えるのが、酒造りの神様として酒造家から篤い信仰を集めている奈良桜井市にある大神(おおみわ)神社。日本最古とされるこの神社では、毎年11月14日には「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が行われ、地元奈良をはじめ伏見、灘など、関西の酒どころ業者、杜氏(とうじ)らが参拝して醸造の安全を祈る。参列した酒造関係者らには直径30センチほどの杉玉が授けられる。帰ってからは軒下に吊るされ、お守りとして、また新酒が出来た「しるし」となる。
前日の13日には、拝殿正面に飾られた酒造りのシンボル「志(し)るしの杉玉(大杉玉)」を作り直す。この杉玉はご神体である三輪山の杉を使って丸く形作ったもので、新酒醸造のお守りとされており、直径1.7メートル、重さ150キロもある。「くす玉」は、この杉玉が起源とも言われている。
 万葉集には三輪がよく詠まれている。三輪にかかる枕詞として「うま酒の三輪」とある。万葉の時代から、おいしい酒がこの土地で作られていたのだろう。


毎年春になると花粉症が発症する。スギ花粉が原因のひとつであることは事実であろう。私のスギ花粉症は、比較的遅く5年位前に突然発症した。それ以来この季節になると憂鬱である。
患者数は約1300万人 と言われ国民の10人に1人は花粉症に悩まされている計算になる。ここ10年間での増加傾向は著しく、今後も増加し続けると予想されている。
スギ花粉以外にヒノキ、シラカンバ、クリ、イチョウ、ケヤキ、マツ、イネ、ブタクサ、ヨモギ、オリーブ、リンゴ、モモなどがある。しかしスギの花粉は、都会よりも山の中のほうが大量に飛んでいるのに、花粉症の患者は都会のほうが多いし、はるか昔から植林をしていたのに、このような問題はなかつた。そこで 花粉症の原因は、花粉単独ではなく、生活慣習や大気汚染も大きく関わっていると思われる。ディーゼル車の排気ガス規制が強化されれば、花粉症も減るかも知れない。
また、スギの間伐をきっちりとすることも、その対策になる。間伐をする事は山を生かし続ける事と、花粉症対策との2つの重要な重要な仕事である。




●杉の巨樹巨木

私が訪問した杉の巨樹たち
スギ御仏供スギ/御佛のすぎ 石川県石川郡
白鳥町のいとしろ大すぎ   岐阜県郡上郡
金剛寺のすぎ   大阪府河内長野市
鉾納宮の夫婦すぎ
阿弥陀スギ  熊本県阿蘇郡
満願寺の金比羅杉  熊本県阿蘇郡南
満山神社の杉群  熊本県阿蘇郡
手野のすぎ  熊本県阿蘇郡
大川杉    奈良県御所市
屋久島の縄文スギ  鹿児島県熊毛郡
大沢のすぎ  大阪府三島郡
流谷八幡神社の鳥井杉 大阪府河内長野市
長谷寺のニ本杉  奈良県桜井市
長谷寺の天狗杉 奈良県
中川のホウキスギ 神奈川県足柄上郡 
月瀬のすぎ   長野県
貞観すぎ   愛知県
素さ鳴命神社のすぎ 兵庫県宝塚市
諏訪神社のスギ 三重県上野市
杉の大杉 高知県長岡郡大豊町
巖鬼山神社の大スギ*4 青森県弘前市  
巖鬼山神社の大スギ*4 青森県弘前市十腰内




●杉のエッセイ

木偏百樹 すぎ



●杉に関することわざ

ことわざその内容
奥山の杉のともずりすぎの枝と枝とがすれ合って、自然発火すること。自業自得、ひいきのひき倒しのたとえ。「故事ことわざ辞典東京堂」
奥山の杉のともずり自業自得のこと。奥山の杉の枝と枝とがすれ合って、自然発火して山火事を出すこと。ひいきのひき倒しのたとえ。?出典?━━我なれや我恋ゆえに身を焦がすなり(頼政集) 《類》○檜山の火は檜より出て檜を焼く。「ことわざ辞典7000語金園社」
心の杉すなおな心。「故事ことわざ辞典東京堂」
杉の標ゆくえをたずねる目じるし。「故事ことわざ辞典東京堂」
杉の標行方をたずねる目じるし。?出典?わが庵は三輪の山もと恋ひしくばとぶらひ来ませ杉立てる門(古今)「ことわざ辞典7000語金園社」
男の子と杉の木は育たぬ男の子は杉の木同様成育が遅い。「故事ことわざ辞典東京堂」
兎角横川の七本杉世の中は身過ぎ世過ぎに追いまわされるというしゃれ。「故事ことわざ辞典東京堂」
野中の一本杉ひとりぼっちで助け合う相手もないこと。「故事ことわざ辞典東京堂」




●スギに関する書籍

書籍名出版社著者価格初版出版
北山台杉と磨丸太大日本山林会坂本喜代蔵著650円昭和45年6月10日
縄文杉は訴える新潮社三島昭男1000円1990
秋田杉を運んだ人たち御茶の水書房
野添憲治


転換期のスギ材問題日本林業調査会牛丸幸也・西村勝美・遠藤日雄編著 3000円
スギ材の黒変現象について
研究報告No.146
当森林総合研究所 基太村洋子
昭和37年(1962)
12月
木のエクステリアへの利活用のために スギ一般材の利活用をめざして日本住宅木材技術センター


縄文杉丸善名古屋出版サービス天野正幸524円1998.04
七千二百歳の遺言―大自然主義を訴える縄文杉リサイクル文化社三島 昭男【著】1600円1999.10.29
縄文杉に会う講談社立松和平【文】日下田紀三【写真】1262円1995.07.20
縄文杉の木蔭にて新宿書房山尾三省1900円1994.09.10
縄文杉の警鐘明窓出版三島昭男1480円1994.05.1
縄文杉は訴える新潮社三島昭男1214円1988.06.20
縄文杉は何を見たか社会思想社丸野内棣359円1976.00
縄文杉の夢八重岳書房松永伍一1000円1985.04
スギの新戦略U日本林業調査会遠藤日雄2,500円
スギの新戦略T日本林業調査会遠藤日雄2,500円2000.01
日本の杉全国林業改良普及協会高橋喜平1800円1974.1.25.
屋久杉巨樹・著名木:屋久杉自然館屋久杉巨樹・著名木調査報告屋久町立屋久杉自然館編集協力:上屋屋久町:屋久町立屋久杉自然館 久営林署,下屋久営林署
1995.7
日本の原点シリーズ木の文化1 杉新建新聞社出版部
1900円2003.03.10




万葉集の杉


ふり
がな
味酒(うまさけ)の 三輪(みわ)の祝(はふり)が いはふ杉
手触れし罪か 君に逢ひがたき 
丹波大女娘子

意味
「三輪の祝(神官)が、斎(いつ)きまつっている神杉に手を触れた罪でしょうか。あなたになかなか逢えないのは

万葉集には12首のすぎ歌が詠まれている

樹木
解説
スギ科。常緑針葉高木。日本特産で青森県以南の日本各地に分布する。土質の種類を問わずによく育つので全国各地に生育しているが、一番よい場所は、西日のあたらない谷間や北及び北東に面した山谷、山腹である。さらに、土壌が深く、肥沃で適度の湿気を有する所を好み、乾燥地には不向きである。スギの語源には諸説があるが、「すぐ木(真っすぐな木)」という説が有力である。スギには杉の字をあてるが、中国で杉木というと、スギ属とは別のコクヨウザンのことである。弥生時代の登呂遺跡の水田跡からは、あぜ道に使われたおびただしい数のスギの矢板が発見されているように、日本人とスギとの関わりはきわめて深い。

出展
巻4-712




その他万葉集にあるの杉関係のもの


作者ふりがな
高市皇子三諸の神の神杉夢にだに見むとすれども寝ねぬ夜ぞ多きみもろのかみのかむすぎいめにだにみむとすれどもいねぬよぞおほき
2
156
鴨足人何時の間も神さびけるか香山の鉾榲が本に薜生すまでにいつのまもかむさびけるかかぐやまのほこすごがもとにこけむすまでに
3
259
丹生王石上布留の山なる杉群の思ひ過ぐべき君にあらなくにいそのかみふるのやまなるすぎむらのおもひすぐべききみにあらなくに
3
422
丹波大女娘子味酒を三輪の祝がいはふ杉手觸れし罪か君に逢ひがたきうまさけをみわのはふりがいはふすぎてふれしつみかきみにあひがたき
4
712
高田女王山吹の咲きたる野辺のつぼすみれこの春の雨に盛りなりけりやまぶきのさきたるのへのつぼすみれこのはるのあめにさかりなりけり
8
1444
田村大嬢茅花抜く浅茅が原のつぼすみれいま盛りなりわが恋ふらくはつばなぬくあさぢがはらのつぼすみれいまさかりなりわがこふらくは
8
1449
大伴池主大君・・・・・・春の野に 菫を摘むと・・・・・・事はたなゆひおほきみの・・・・・・はるののに すみれをつむと・・・・・・ことはたなゆひ
17
3973




杉に関する俳句と季語 

季節季語作者
杉の花一すぢの 春の日さしぬ 杉の花前田普羅
杉の実日々好日 と杉の実 干してあり石井露月



スギの物理的性質比重の軽いものから並べています

気乾
平均収縮(%)
強さkg/cm2
1000kgf/cm2
耐 久性
樹 種比重柾目板目曲げ圧縮せん断曲ヤング率耐久耐摩耗
キリ0.290.060.23952155550極小
ネズコ0.330.060.195003005570極小
サワラ0.340.070.245503305060極小
ベイスギ0.370.080.145503106080
スギ0.380.10.266603408080
エンゲルマンスプルース0.410.10.196003057595
オウシュウトウヒ0.410.160.286603259090極小
シュガーパイン0.410.080.165152607080
ヒノキ0.410.120.237504007590
ヒバ0.410.120.277504007590
ヒメコマツ0.410.120.247003508070
イースタンホワイトパイン0.420.060.185752957075
コウヤマキ0.420.10.217503506080
トドマツ0.420.140.376803408080
バルサムファー0.420.080.24952805085中庸
モミ0.440.120.246403708590中庸
アローカリア0.450.170.2465534090110中庸
トドマツ0.450.180.46503306580
ウエスタンヘムロック0.460.130.2374540590105
シトカスプルース0.460.130.2264532575100
ボンデローサマツ0.460.120.186203307090
レッドウッド0.460.070.146203556590極大
エゾマツ0.470.180.366953108095極小
オウシュウアカマツ0.470.140.316502908085中庸
ノーブルファー0.470.130.246153057595
ピーオーシーダー0.470.140.27003009080
ロツジポールマツ0.470.130.27053209575
シナノキ0.480.230.376603657590極小中庸
ジョンコン0.480.160.2881044580110中庸
タイヒ0.480.130.23860385105110中庸
ホオノキ0.480.140.2470533011575中庸
カツラ0.490.150.247703907585中庸
ラジアタマツ0.490.140.257003309085中庸
ベニマツ0.50.150.326803408590中庸
アラスカシダー0.510.080.1870537580100
シベリアカラマツ0.510.150.331025465120120中庸
ツガ0.510.160.297604309080中庸
アガチス0.520.160.373537080115中庸
イースターンヘムロック0.520.090.196003307585中庸
クスノキ0.520.130.2570040010090中庸
ハリギリ0.520.170.277503508585中庸
アカマツ0.530.160.29900450100115中庸
カラマツ0.530.140.3185045080105中庸
トチノキ0.530.160.277504009580中庸
ホワイトラワン0.530.160.2672535585115中庸
イエローメランチ0.550.10.2779042080105中庸
クリ0.550.160.277854258090中庸
シオジ0.550.160.27840430110100中庸
ダクラスファー0.550.140.2378042080130中庸
レッドメエランチ0.560.120.2678042090115中庸
クロマツ0.570.140.2889044595100中庸
ショウトリーフパイン0.580.130.2381042090115中庸
セプター0.580.190.26875425125135
ホワイトセラヤ0.580.220.487653559590
ロブロリパイン0.580.140.2179041090120中庸
ハルニレ0.590.140.35860425110100中庸
サクラ0.60.170.311050450100120
ベンゲットマツ0.60.240.39935430100140中庸
シイノキ0.610.150.26900450150100中庸
ケヤキ0.620.160.271010475130120
ブナ0.630.170.31890435130120極小
ニヤトー0.640.210.3950455110105
ヤチダモ0.650.170.361030465125110
ラミン0.650.210.391200620110145極小
メルサワ0.660.220.3981040090100
イタヤカエデ0.670.190.3965435120105
スラッシュマツ0.670.160.231005470105130
ホワイトメランチ0.670.210.38855475100100
ミズナラ0.670.170.26990465110105
ロングリニーフパイン0.670.150.22900490105130
タブノキ0.690.160.2870040012090
チーク0.690.120.2920445115125極大
マカンバ0.690.210.271060475145130
ミズメ0.690.230.261090500150140
メルクシマツ0.690.180.3116049095130
アサダ0.70.20.311160535150135
カポ−ル0.70.170.351075555110135
マトア0.70.210.271030460115125
クルイン0.740.20.341085505130140
イスノキ0.890.220.371320660195145極大
アカガシ0.920.20.371310640190155極大
セランガンバツ0.940.20.431155560130160極大