v3.03

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

1782 742 1 マメ科(Fabaceae)
ハリエンジュ属
学名 Robinia pseudoaccacia
和名・商業名 ハリエンジュ
英名・商業名 Black locust
別名、現地 代表和名「ハリエンジュ」、代表英名「Black locust」。ニセアカシア、ブラックローカスト、ラシアンオーク、Bidou、Foreign Scholar

Tree(中国)、Locust Tree、Robinia、
主たる分布 北米、ヨーロッパ、アジア、ニュージーランド
樹種解説 落葉高木。樹高は25m。直径1m。分布はもともとアパラチア山脈中央部およびオザーク山地などであるが、広く栽培され、北米東部
、西部にも広がった。米国ではブラックローカストと呼ばれている。また現在では北米、ヨーロッパ、アジアに分布している。日本で

は明治8年頃に輸入、植栽され、別名ニセアカシアと呼ばれている。初夏に香りの良い白い花を咲かせ、遠くに伸びた根のあちらこ

ちらから芽がでる。心材は暗黄色、辺材は黄白色で狭く、色の差がはっきりとしているため、心辺材の境界は明瞭である。緻密では

あるが肌目は粗く、年輪は不明瞭である。重硬で強く粘りがあるが幹の形が悪く、大きな材をとるのは難しい。菌に対する抵抗性が

高く、米国産材のうちでは、最も耐朽性の高い木材のひとつであるが、切削・加工、乾燥はともに困難である。街路樹や砂防林に植

栽されている。用途は支柱、枕木、燃料、工芸品、器具等である。


1.比重 18+

2.1%当り収縮率 接線方向 14

半径方向 14

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 18+

5.縦圧縮強さ 19+

6.縦引張り強さ 18

7.曲げ強さ 19

8.せん断強さ 19

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、米材樹種ガイド(1994)、AleenCoombesTrees500、Tree of Britain &Northern

Europe(1982)、Eyewitness Companion Trees(2007)、GardenPlantsofChina(1999)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後
>