v3.03

世界の有用木材2391種から和名で検索

1742 560
4 クワ科 (Moraceae)
クワ属
和名・商業名 クワデ
学名 Morus bombycis Koidz.
英名・商業名
別名、現地 代表和名「ヤマグワ」、代表英名「Japanese Mulberry」。クワデ、タスマニアンマートル、とどのみ、ドドメ、Mora de

Guayana(ベネズエラ)、Mulberry、
主たる分布 日本(この地区を材質表に掲載 )、中国、朝鮮半島、南千島、サハリン、中国、べトナム、ビルマ、ヒマラヤ
樹種解説 落葉高木樹高は10〜15m。直径30〜40cm。まれに樹高20m。直径70cmに達する。葉は互生し卵円形、卵状楕円形などで、勢いの

よい葉はいろいろな形に浅裂あるいは深裂する。長さ8〜20cm。初夏に紅色から黒紫色になる多汁の甘い集合果が熟する。北海

道から九州まで、伊豆諸島、南樺太、南千島、朝鮮半島、中国東北、中国などに分布。心材と辺材の色の違いは、あきらか。心材は

鮮やかな黄褐色で、長期間大気に曝されていると褐色が濃くなってゆく。辺材は淡黄白色。環孔材のため、年輪の境ははっきりと

見える。肌目の粗い木材で、木理は不規則になっていることが多く、そのことによって、材面に杢がでてきます。にょりん杢、玉杢、

牡丹杢などの杢がでることで、ヤマグワは古くから和家具の材料として好まれてきた。切削の加工はやや難しいが、仕上がり面は美

しい。高い保存性がある。用途は建築装飾材、家具、鏡台、針箱、弓、かんじき、器具材、家具材、楽器、建築用造作、床柱、床板、

車両材、彫刻材。果実は生食やジャムによい。果実酒としてもよく利用される。


1.比重 17+

2.1%当り収縮率 接線方向 15

半径方向 15

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 15+

5.縦圧縮強さ 17+

6.縦引張り強さ 16+

7.曲げ強さ 17+

8.せん断強さ 18+

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後
>