v3.00

世界の有用木材2391種から和名で検索

1707 284
1 フタバガキ科(Dipterocarpaceae)
Dipterocarpus属
和名・商業名 クルイン
学名 Dipterocarpus lowii
英名・商業名 Keruing
別名、現地 --情報収集中--
主たる分布 インドネシア、マレーシア
樹種解説 樹種が多く同属に約80種があるといわれる。産地によって成長に差がある。大きなものは樹高50m、直径2mに達する。幹は円筒

状をなし、樹冠は比較的小さい。皮は灰色または帯黄褐色、一般に共に薄片となって剥落するか、または多少滑かで無数のコルク

質の皮目あり、まれに割れ目を生じ時々暗色の樹脂が滲出するのが見られる。分布はインド、スリランカ、バングラデッシュ、タイか

ら東南アジアに広く分布。この材はやや堅くて重く強いが、重さは種類によって非常に大きな範囲になっており、1.5倍の差がある。

心材と辺材の識別容易である。辺材は淡黄褐色〜灰褐色。心材は灰赤褐色〜オレンジ色〜紫紅色と樹種によって多様である。木

理通直ときに交錯。肌理はむしろ粗い方で、新材の時は特有の樹脂の香りがある。油性の樹脂は普通木口面に出る。丸太は一般

に天然の欠点が少なく、幼虫の害も少ない。乾燥は乾燥は遅く、収縮率が非常に大きいので注意を要す。しかし一度乾燥すると強

度は高く、菌にはかなりの抵抗性を示す。辺材は耐久力がなく、かつ粉解甲虫の害を受け易く、心材は適度の耐久力がある。材は

一般に樹脂を含み、注意して乾燥しないと狂いを生じ易く、樹脂のため鋸挽困難であるが、その他加工は困難でない。相当耐久力

あり、普通甲虫害に侵されることはないが、地面に接しては耐久力がない。用途は鉄道貨車板、建築用屋根板、土台、敷居、タルキ

、根太、梁、壁板、間柱、床板類、窓枠、ボート、茶箱、荷造り箱、工場の床、の他フローリング。クレオソート処理枕木は、マレーシア

では平均寿命が20年となっている。アジアでは合板にも用いられている。


1.比重 19

2.1%当り収縮率 接線方向 17

半径方向 17

3.全収縮率 接線方向 17

半径方向 17

4.曲げヤング係 110

5.縦圧縮強さ 19+

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 18+

8.せん断強さ 15

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver. 2.3版には、絶滅危惧IA類、Critically Endangered (CR)

と指定されている。基準は(A1cd+2cd, B1+2c)となっている。
基準解説 ・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少などで、過去10年間、あるいは3世代の間に、少なくとも80%の縮小が観察や、推

定される。

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルなどで、過去10年間、あるいは3世代の間に、少なくとも80%の縮小が観察や、推定される。

・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少などで、次の10年間あるいは3世代に、少なくとも80%の縮小が予測あるいは想定

される。

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、次の10年間あるいは3世代に、少なくとも80%の縮小が予測あるいは想定される。

・分布域の大きさが、100km2 未満、あるいは生息地の面積が10km2 未満と推定され、強度の分断がある、若しくは知られている生息地が1

ヶ所しかない場合。

・分布域の大きさが、100km2 未満、あるいは生息地の面積が10km2

未満と推定され、生息地の面積、大きさ、質などで、連続的減少が観察、推論、予期された場合。
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、新輸入原木図鑑(1980)、南洋材の知識(1968)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後