v2.3

空を飛んだ木 

DFS 228

生産国
ドイツ
開発年
1944年
種別
試作高々度偵察機
名称
DFS 228
英文
DFS_228
本機の写真
内容
DFS 228は、第二次世界大戦中にグライダー研究を行っていたドイツ滑空機研究所(DFS)が設計したロケット動力の高高度偵察機で、機首に金属製与圧キャビンを付けた単座の試作機を製作しました。広い翼面積を持つ 中翼単葉の木構造機体でした。超高々度偵察飛行を考えたロケット研究機で、原型は1944年3月初飛行。機体は、高度25,000mへ上昇し、緊急時はキャビンを分離し、パイロットは低空でパラシュート降下するようになっていました。しかし、Do217K爆撃機に積まれた飛行試験で、操縦装置に問題があることが判り、計画は中止されました。2機製作されましましたが、ロケットモーターを搭載して飛行することはありませんでしました。
17.56m
長さ
10.58m
重量
1650kg
速度
900km/h
航続距離
1050Km
構造
木製構造機体
その他
---
中翼
機関砲
武装なし
プロベラ数
なし
エンジン
ヴァルター 109-509A-1 ロケットエンジン 推力1,500kg×1基
乗員
1名
生産数
1機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/DFS_228_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9
http://military.sakura.ne.jp/world/w_dfs228.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。
98/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後