v2.3

空を飛んだ木 

ブローム&フォス Bv40

生産国
ドイツ
開発年
1943年
種別
滑空戦闘機
名称
ブローム&フォス Bv40
英文
Blohm_und_Voss_Bv40
本機の写真
内容
編隊飛行する爆撃機に攻撃を行なうために開発された迎撃用グライダー。爆撃機からの銃弾に当らないようにするため、被弾面積を最小限にするという考えの機体。そのためにエンジンなしのグライダーとなりました。装甲化された操縦席にパイロットは頭をパッド入りのヘッドサポートに預けてコックピットでうつ伏せになって搭乗しました。胴体部分は戦略物資を使わずにするため、全て木構造とされました。また、非熟練労働者でも短時間に製作できるよう設計されていました。30mm機関砲2門を装備する。Bf109やFw190戦闘機に曳航され、敵爆撃編隊の正面上空で切り離し、急降下しながら一撃を加えて離脱。そのまま滑空しながら基地へ戻るとしました。1944年5月末に初飛行するが、翌年に開発は停止。そのまま敗戦を迎えた。訓練用に7機製作されました。
7.9m
長さ
5.7m
重量
835kg
速度
900km/h
航続距離
-
構造
木製胴体 装甲部以外は木製
その他
---
高翼
機関砲
30mm機関砲×2
プロベラ数
なし
エンジン
なし
乗員
1名
生産数
7機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/BV_40
http://military.sakura.ne.jp/world/w_bv40.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。/「世界の最悪航空機大全(原書房)」
97/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後