v2.3

空を飛んだ木 

ヘンシェル Hs126

生産国
ドイツ
開発年
1936年
種別
短距離偵察機
名称
ヘンシェル Hs126
英文
Henschel_Hs126
本機の写真
内容
大戦緒戦で活躍したドイツ空軍の偵察兼軽爆撃機。原型は1936年8月に初飛行。機体は木金混合製で、空冷星型7気筒エンジン1基を機首に取付ける。主翼は高翼のため下方の視界が良い。また低速で安定して飛行できるのが特長。操縦席は風防付き、後席は開放式で、旋回式の7.92mm機銃1挺をに付けている。7.92mm機銃1挺を前方固定で装備、10kg爆弾5発などを懸吊できました。大戦初期には短距離偵察機として活躍しましたが、1942年頃から後継機として選定された フォッケウルフFw189偵察機に交替していき、グライダー曳航や夜間対地攻撃に使用された後は順次引退していきました。総生産数は913機、スペインやギリシアへも輸出されました。
14.5m
長さ
10.85m
重量
2030kg
速度
355km/h
航続距離
720Km
構造
木金混合製の短距離偵察機
その他
固定脚
高翼
機関砲
7.92mm機銃×2(前方固定、後方旋回各1)
プロベラ数
3翅
エンジン
ブラモ「ファフニール」323A-1 星形空冷9気筒 850馬力×1基
乗員
2名
生産数
600機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/Hs_126_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://military.sakura.ne.jp/world/w_hs126.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。
84/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後