v2.3

空を飛んだ木 

セスナ モデルT−50(AT-17 / C-78)

生産国
アメリカ
開発年
1939年
種別
軽輸送機
名称
セスナ モデルT−50(AT-17 / C-78)
英文
Cessna_Model_T-50
本機の写真
内容
小型軽飛行機メーカーとして有名なセスナ社が民間用軽輸送機として初めて製作した双発機です。機体は木金混合の構造で主翼は木構造に布張り、胴体は鋼管溶接骨組みに布張りでした。 1939年に初飛行し陸軍が気に入り翌年訓練用機体として発注しました。連絡・通信用や要人輸送にも利用されました。のちに海軍も採用。5300機以上生産されました。
12.78m
長さ
9.98m
重量
1588kg
速度
314km/h
航続距離
1207Km
構造
主翼は木製構造に布張 セスナ社のて初めて製作した双発機
その他
---
低翼
機関砲
武装なし
プロベラ数
2翅双発
エンジン
ジェイコブス R-755-9 星形空冷9気筒 245馬力×2基
乗員
wooden_airplane-22名
生産数
5300機
動画
参考リンク
https://en.wikipedia.org/wiki/Cessna_AT-17_Bobcat
http://military.sakura.ne.jp/world/w_t-50.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。
6/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後