v2.3

空を飛んだ木 

フォッカー D.XXI

生産国
オランダ
開発年
1936年
種別
戦闘機
名称
フォッカー D.XXI
英文
Fokker_D_XXI
本機の写真
内容
フォッカー社がこれまでの複葉から近代化した低翼単葉機へと移行し、輸出を狙って成功した記念すべき機体。1935年にオランダ陸軍のオランダ領インドネシア向け戦闘機として原型機発注を受け翌年完成しました。フィンランド政府はオランダで製作された7機の他にライセンス生産により83機を自国内で生産。デンマークもオランダ製原型機を2機、自国内ライセンス生産10 機を調達しており、内戦中だったスペイン共和国政府も当機のライセンスを取得しました(国民党軍に工場が占領され、50機分の主翼など破壊され、生産にはいたらなかった)。
11m
長さ
8.2m
重量
1970kg
速度
460km/h
航続距離
930Km
構造
木金混合
その他
固定脚
低翼
機関砲
7.92mm機銃×4(機首2、主翼2)、20mm機関砲2問を組み合わせて
プロベラ数
3翅
エンジン
ブリストル「マーキュリー」VIII 空冷星形9気筒 830馬力×1基
乗員
1名
生産数
65機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AB
http://military.sakura.ne.jp/world/w_dxxi.htm
参考書籍・資料
「軍用機パーフェクトBOOK(コスミック出版)」「世界の軍用機図鑑1521(コスミック出版)」写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。 「図解 世界の軍用機史」 (グリーンアロー出版社)
53/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後