v2.3

空を飛んだ木 

カント Z.1018 レォーネ

生産国
イタリア
開発年
1939年
種別
爆撃機
名称
カント Z.1018 レォーネ
英文
CANT_Z.1018
本機の写真
内容
イタリアが第二次大戦中に生んだ最も美しい爆撃機と言われています。1939年10月9日に初飛行した原型は木製胴体でしたが、木材が重く、エンジンが1000馬力程度と非力だったために想定された性能を発揮できませんでした。しかし1941年になってピアッジョ社とアルファロメオ社が1,350馬力のエンジンを完成させ、搭載すると計画どおりの性能を発揮できるようになりました。量産型300機をカント社へ発注しましたが、量産開始にもたつき、そうこうしているうちに連合軍の爆撃が激化したため機体・エンジンとも生産工場が操業不能となりました。そのため終戦までに生産された機体はごく少数になりました。レオーネは伊語で「ライオン」の意味。
22.5m
長さ
17.6m
重量
8800kg
速度
525km/h
航続距離
2200Km
構造
木製 後 胴体金属
その他
---
低翼
機関砲
7.7mm機銃×2(胴体側面窓)、12.7mm機銃×3(前方固定、後方上部、
プロベラ数
3葉
エンジン
2発 P.XII RC35(1,350馬力)×2 /P.XII RC35(1,350馬力)×2
乗員
5名
生産数
15機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/Z.1018_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://military.sakura.ne.jp/world/w_z1018.htm
参考書籍・資料
「軍用機パーフェクトBOOK(コスミック出版)」
46/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後