v2.3

空を飛んだ木 

SAIMAN 202

生産国
イタリア
開発年
1938年
種別
連絡機
名称
SAIMAN 202
英文
S.A.I.M.A.N._202
本機の写真
内容
イタリアのSAIMAN社(海軍航空機製作会社の略)が開発。1938年初めに初飛行した近代的軽飛行機。軽量小型の低翼単葉機で全木製。密閉式のコクピットに、2人が並列に座乗する。洗練された設計で、小型の割には高速を発揮できました。392機が生産され、イタリア軍のあらゆる戦線において連絡任務に使われました。戦後生き残った機体は1950年代初めまで使われ、民間飛行クラブに売却されました。
10.66m
長さ
7.65m
重量
670kg
速度
221km/h
航続距離
600Km
構造
軽量小型の低翼の全木製単葉機
その他
固定客
低翼
機関砲
武装なし
プロベラ数
2翅
エンジン
アルファロメオ 110 空冷直列4気筒 120馬力×2
乗員
2名
生産数
500機
動画
参考リンク
https://it.wikipedia.org/wiki/Saiman_202
http://military.sakura.ne.jp/world/w_saiman202.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。
44/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後