v2.3

空を飛んだ木 

フィアット BR.20 チコーニャ

生産国
イタリア
開発年
1936年
種別
爆撃機
名称
フィアット BR.20 チコーニャ
英文
Fiat_BR20
本機の写真
内容
原型は1936年2月10日に初飛行。機体は木金混合製で、外板は金属と帆布張りの併用。当時のイタリア爆撃機の多くが3発だった中でめずらしい双発爆撃機。双尾翼式で、主脚は引き込んでも、車輪を半分露出したままです。日本陸軍も97式重爆撃機を配備するまでのつなぎとしても「イ式重爆」の名称で85機を輸入しました。ただ日本陸軍航空隊の評価は低かった。イタリア降伏時は練習機や輸送機となっていたものが多いです。総生産機数は530〜600機と推定される。チコーニャとはイタリア語で「こうのとり」の意味です。
21.56m
長さ
16.68m
重量
6500kg
速度
440km/h
航続距離
2750Km
構造
木金混合
その他
---
低翼
機関砲
3翅
プロベラ数
3翅双発
エンジン
フィアット A80RC41 空冷星形複列14気筒 1,000馬力×2基
乗員
5名
生産数
512機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/BR.20_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://military.sakura.ne.jp/world/w_br20.htm
参考書籍・資料
「軍用機パーフェクトBOOK(コスミック出版)」「世界の軍用機図鑑1521(コスミック出版)」
41/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後