v2.3

空を飛んだ木 

デ・ハビランド DH103 ホーネット

生産国
イギリス
開発年
1944年
種別
戦闘機
名称
デ・ハビランド DH103 ホーネット
英文
de_Havilland_DH103_Hornet
本機の写真
内容
デハビランド社が成功したモスキトー戦闘機と同じように自主開発した機体で、ノウハウのある全木製胴体でしたが、主翼は上面が木製、下面が軽合金製の木金混合になりました。1944年7月に原型機が初飛行し英国のプロペラ機としては最高の776km/hを記録し、モスキトーよりもさまざまな改良が加えられ、究極の双発戦闘機とも言える機体になりました。英国空軍では東南アジアでの対日戦にこの機体を使う予定で部隊配備を進めていたが、終戦になってしまい活躍は限られたものになってしまいました。
13.72m
長さ
11.18m
重量
5842kg
速度
760km/h
航続距離
4828Km
構造
木製胴体を持つが、主翼は木金混合
その他
---
中翼
機関砲
20mm機関砲×4
プロベラ数
4翅
エンジン
ロールス・ロイス マーリン130 液冷12気筒 1,770 hp ×2基
乗員
1名
生産数
380機
動画
参考リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%93
http://military.sakura.ne.jp/world/w_dh103.htm
参考書籍・資料
写真は「軍用航空機データベース」(T-keyさん製作運営)のご厚意で利用させていただいております。「日本軍試作機のすべて」 (双葉社)、
32/140 ページ
先頭  前ページ  次ページ  最後